李衣菜「いや確かに、簡単で時間も掛からないけど……アイドルは身体が資本ですよ?」



文香「はぁ……その、仰る通りです……が、その…私は料理をしたことが無く、寮の台所には調理道具すら……」


李衣菜「……マジで? じゃあ、いつもどうしてたんですか……?」



文香「朝食は、寮の食堂が利用できますので……」



李衣菜「……昼と夜は…?」



文香「………その…昼は学食を……」



李衣菜「でも、大学って授業が無い日もありますよね? それに、今日みたいに仕事のある日もあるじゃないですか」



文香「………私達のような世代には当たり前で、中々実感を得ることが難しいことではありますが……」



李衣菜「………?」



文香「少し辺りを見回せば、飲食にありつける環境に居る…というのは、得難い幸運なのでしょうね……」



李衣菜「………つまり?」



文香「…コンビニ弁当、です……申し訳ありません……」



李衣菜「いや、謝られても困りますけど……」





SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1439650840





李衣菜「うーん……でも、やっぱり良くないですよね。アイドルとしてそれは」



文香「そうでしょうか……そうですよね……私も薄々、そう思っては居たのですが、台所に立つとついお湯を沸かしてしまい……」



李衣菜「レシピ本とか、読んだりしないんですか?」



文香「レシピを読み、過程を想像し、香りと味を思い浮かべる……それだけで空腹を満たせるのが読書の良い所です」



李衣菜「私は本とかあんまり読まないですけど、それが違うのは何となくわかります」



文香「そういう李衣菜さんは、レシピなどで勉強なさるのですか?」



李衣菜「んー…そういえば私もレシピはあんまり見ないかな……基本は親の料理とか真似して、あとはちょっとアレンジするくらいです」



文香「………アレンジが出来るのなら、最早創作料理が造れるのと大差ないように思いますが…」



李衣菜「え? 家庭料理って言ったら普通は創作じゃ無いんですか?」



文香「どうやら私の認識が甘かったようです……」



李衣菜「えっと……良くわかんないですけど……とりあえず文香さんが毎日昼食をちゃんと取るのは難しいってことですよね?」



文香「は、はい……話を聞く限りでは、私に毎日料理を続ける根気と技量があるようには思えません……」



李衣菜「わかりました。じゃあ任せてください! 明日からは、私がお弁当を作ってきますよ!」



文香「えっ」



――――――――

―――――

―――





 【 翌朝 事務所 】





文香「……お早う御座います」



文香(李衣菜さんはああ言っていましたが、冗談と考えるのが妥当でしょう。そもそも私と李衣菜さんがそう都合よく遭遇する筈が…)



ちひろ「あ、文香ちゃん。李衣菜ちゃんからお弁当を預かってますよ」



文香「成程その手がありましたか……」



ちひろ「あ、あれ? 李衣菜ちゃんはこう言えばわかるっていってましたけど……文香ちゃん、なにも聞いてませんか?」



文香「い、いえ……伺っております……私の不摂生を見兼ねたらしく、李衣菜さんがご厚意で……」



ちひろ「あー、なるほど。確かにアイドルは健康維持も大事な仕事ですからね」



文香「はい……しかし何と言えば良いのか……年上として、立つ瀬がありません…」



ちひろ「とはいえ、アイドルとしては李衣菜ちゃんの方が先輩ですから。先輩を立てると思って、遠慮なく受け取った方が良いと思いますよ?」



文香「……そういう、ものでしょうか」



ちひろ「ええ。昼食代も浮きますしね」



文香「いえ、それは流石に後日精算しますが……」



―――――――

――――

――





 【 クルーザー デッキ 】





文香(今日の撮影はクルーザーの上です。洋上での読書は新鮮で、思いのほか熱中してしまいました)



文香(しかし、ただ水着で読書するだけで撮影が終わってしまうとは……これで大丈夫だったのでしょうか?)



文香(とはいえ、炎天下に晒されるだけでも人は疲労を溜めるもの。かく言う私も身体が火照っています)



文香(こうも熱いと、あまり食欲が湧きません。しかし不摂生さを指摘されたばかりで、食事を抜く勇気もありません)



文香(そもそも今日の昼食は李衣菜さんお手製……食べないという選択肢がそも存在してはいないのです)



文香「……さて」



文香(ちひろさんに渡されたときから思ってはいましたが、随分と冷えていますね。保冷剤の層が弁当箱を包んでいます)



文香(あそこまで自信を持って料理を語った李衣菜さんが、まさか冷凍食品などを入れているとは考え難いですし……)



文香「……開けてみれば、わかることですね。………頂きます」



文香(蓋に手を掛けて尚、伝わる冷気……これは食中毒対策では無く、弁当自体を冷やすためなのでしょうか……?)



文香(………っ!)





文香「こ、これは……パスタ……!」





文香(藤黄に近い麺の上に、紅……おそらくトマトが原料となったソース……疎らに見える緑は、キュウリの細切りでしょうか……)



文香(これは恐らく、移動時の振動も計算に入れた料理なのでしょう……ソース自体の粘度が低く、既に麺によく絡んでいます……!)



文香(冷製パスタ……! 話には聞いていましたが、実際に口に入れるのは初めての経験……!)



文香「あ、改めて……頂きます……」



文香(フォークで絡める、という動作が無理なく香りを拡散させて……香りが立ち辛い冷静の欠点は、麺自体が持つ表面積がカバーしているのでしょうか……)



文香「……ッ!」



文香(当然、先ず広がるのはトマトの爽やかな酸味……咀嚼するとそこへ、麺とキュウリの歯ごたえが加わり……さらに……)



文香「これは……ツナ…!」



文香(ソースに紛れて気づきませんでしたが、これは確かにツナの風味……! 一口で何段階もの味覚が押し寄せる感覚……!)



文香(段階を経て共通のベースとなるのは、ソースに沁み込んだ微かな塩味……しかし塩胡椒だけでは、味が尖り過ぎる……)



文香(では、このマイルドさはどこから……? 酸味と塩味を生かしながら、角を取る……油でしょうか…?)



文香(食用油といえば思いつくのはオリーブオイルやごま油……ゴマの風味が感じられない以上、オリーブオイルと断定するしかありませんが……)



文香「……箸…否、フォークが止まりません…!」





文香(恐らく李衣菜さんは、私がカップ麺を食していたことに対する皮肉で麺類を選択したのでしょう)



文香(しかし、意図はそれだけでは無いと見ました)



文香(炎天下で削がれた食欲に対抗する手段として、素麺を茹でるのと理屈は同じ……麺と言うのはとかく、食べやすいのです)



文香(加えて冷製……冷やすことで美味しくなる料理というのは、弁当にするには持って来いの一品)



文香(素麺や冷やし中華を選択せず、冷製パスタを選んだのはソースの関係でしょうか……)



文香(完全な液体では無いソースだからこそ容器を追加する必要がなく、弁当として気軽に選択できる……!)



文香(そしてなにより、この涼やかな風味……! 夏野菜の王道であるトマトとキュウリを調和させ、それぞれの特徴を生かす手法……!)



文香(下味をシンプルにすることによって、素材一つ一つの味を無理なく引き出しています……!)



文香(必要以上に手を加えること無く、本来の旨みを前面に出す……日本料理の考え方そのもの……)



文香(李衣菜さんはこれを、間近で見て学んで来たのですね……)



文香「………御馳走さまでした…」



文香(失礼ながら正直、ここまで期待はしていませんでしたが……)





文香「……炎天下の洋上で頂く冷製パスタ、格別という他ありません」



―――――――

――――

――





文香「御見それしました。私には勿体ないほどの御弁当……有難うございました」



李衣菜「え、いや頭下げなくでも大丈夫ですから! 私が勝手にやったことなんで!」



文香「い、いえ……そういうわけには……あそこまでして頂いて感謝の言葉も無しでは、私の気が収まりません」



李衣菜「そ、それなら言葉だけでいいんじゃないですか……?」



文香「せ、せめて……弁当箱は、洗って返しますので……



李衣菜「え? 何言ってるんですか、私が洗いますよ」



文香「……私を良心の呵責で殺すおつもりですか」



李衣菜「いやそういうことじゃなくて、私が持って帰らないと明日のお弁当作れないじゃないですか」



文香「ファンの方々が、アイドルを天使と例える心理はこういうものなのでしょうか……」



李衣菜「いや……それもたぶん違うと思いますけど……」



文香「……しかし、それならば事務所の給湯室を使えば済む話です……少々お待ちを。すぐに洗って来ますので」



李衣菜「え、いやホントに大丈夫ですって! そもそも事務所の洗剤はちひろさんが買った安物だから……って聞いてないし……」





李衣菜「……それなら、明日からは油汚れも避けないとだめかなぁ」



――――――――

―――――

――





 【 TV局 楽屋 】





文香(午前中の収録が終わりました)



文香(今日はスタジオ収録なのですが、2時間スペシャルの特番収録ともなると撮影時間も長くなります)



文香(午前10時から始まった撮影も早2時間、昼休憩を迎えることになりました)



裕子「いやー長いですね、収録。VTRの時間が長いので、私のサイキックトークが中々披露できません」



文香(今日は裕子さんと相部屋になりました。同じ事務所のアイドル同士ですから、此方としても気が楽で助かります)



裕子「まあその分は、サイキックリアクションの方を冴えわたらせているので問題ありませんけどね!」



文香(腕を組んで胸を張って……ドヤ顔、と言われる表情ですね。仰っていることは良く分かりませんが、適当に頷いておきましょう)



文香「………と、話は変わりますが裕子さん。昼食は用意されていますか?」



裕子「え? いえ、楽屋にお弁当がありますし、これを食べるつもりでしたけど……」



文香「それは、助かります。実は私、弁当を持参しておりまして……小食な私には、楽屋弁当と持参した弁当、両方食べるだけのキャパシティは……」



裕子「ん? え? それは、私に二人分の楽屋弁当を平らげろと言っているんですか?」



文香「……お、おや…? 無理、でしょうか……パッション属性の方ならば、弁当二人前程度訳はないかと……」



裕子「その認識は……間違ってはないようで、間違ってるような……」





文香(……いえ、待ちなさい文香。昨日の感動を思い出すのです)



文香(李衣菜さんが、楽屋弁当のことを視野に入れていないわけがありません。なにせあの李衣菜さんなのですから)



文香(今朝に渡された小包は、昼の楽しみにと未だ未開封……)



文香「裕子さん……少し早とちりをしていたようです。この楽屋弁当……裕子さんが二人前平らげる必要は、無いかもしれません……!」



裕子「あれ? それって、文香さんの中では私が二人分平らげるのは半ば決定してたってことですか?」



文香「え? …あ、いえ、断じてそのような事は……」



裕子「目が泳いでます。前髪の後ろで目が泳いでますよ。……ハッ! これはもしや、透視……!?」



文香「ともかく……今は李衣菜さんを信じましょう……! この小包を解いた先に、果たして如何なる創意工夫が待ち受けていることか……!」



裕子「そのお弁当、文香さんお手製じゃなくて李衣菜お手製だったんですか!? こ、これが叙述トリック……!」



文香「い、いえ……ただの説明不足を叙述トリックとまで言われると、最早恥ずかしさしか無いのですが……」



裕子「それにしても、李衣菜ちゃんが料理ですか。あんまり想像できませんけど……」



文香「ですがその腕前は、私自身がこの舌を持って保証済です……では、行きますよ……?」



裕子「良い笑顔ですね文香さん! 今日一番の笑顔ですよ! ここ楽屋ですけどね!」



文香「……昨晩から楽しみにしていたので、それはもう仕方がないかと……」





文香(包みを解くと、表れたのは昨日と同じサイズの弁当箱でした……)



文香「そ、そんな……李衣菜さん……」



裕子「普通のサイズのお弁当ですね……楽屋弁当を食べた後にもう一食、となるとちょっと辛いかも……」



文香(私は、過度な期待をしていたのでしょうか……昨昼の感動に、縋りたかっただけなのでしょうか……)



文香(くっ……目頭が熱く……! いけません……この程度のことで、涙など……!)



裕子「ふ、文香さん……? だ、大丈夫ですよ! 弁当箱の中身はまだ、蓋を開けるまでわかりません!」



文香「………そ、そうですね……ありがとうございます、裕子さん……」



文香(そう……これはパンドラの箱……! たとえ這い出るのが災厄であろうとも、希望を信じて蓋をずらさねばなりません……!)



文香「いざ………!」



裕子「こ、この決意の表情……! ライブ前でもここまでじゃないですよ……!」



文香「開けます……! 箱に残った物が……希望であることを願って……!」





裕子「……こ、これは……!」



文香「……さ、刺身コンニャク……!?」





文香「いえ……コンニャクだけではありません……! キュウリに茹でナス……大根で作ったつまも添えられています……!」



裕子「これでもかと言うほどのあっさり系じゃないですか……! これなら楽屋弁当と一緒に食べれますよ!」



文香「そしてこの量……コンニャクや野菜のみを一人でこれだけ食べるというのは、普通考えられません……」



裕子「……はっ! つ、つまり……相部屋になることを見越して……?」



文香(李衣菜さんは、事前にちひろさんから話でも聞いているのでしょうか……思えば昨日の料理も、場所とマッチしたものでした……)



裕子「掛かっているソース……これは、なんでしょうか? くすんだ赤色をしてますけど……」



文香「この香りは……恐らく、梅肉ではないでしょうか…」



裕子「梅肉……なるほど、練り梅ですか! 爽やかでいいですね!」



文香「それだけではありません……梅に含まれているクエン酸には抗菌効果があると聞きます。……食中毒対策も万全、ということでしょう」



裕子「大根をカンバスに、キュウリと練り梅、ナスのコントラストが映えますね!」



文香「弁当でありながら、見た目の華やかさを損なわせない工夫……信念すら感じます……」



文香(さて、味の方は……)





文香「………ふっ…流石です……」



裕子「見た目通りあっさりしてて、美味しいですね……これはご飯が進みます」



文香(昨日の冷製パスタのような、大きな驚きはありません。しかし、料理は驚かせるだけがすべてでは無いのですね……)



文香(キュウリの塩漬け……茹でナス……大根のつまに至るまで、堅実で素直な風味……)



文香(主食では無いが故の、控えめな主張……この料理は、わき役として完成されています)



文香(まさしく、ご飯を進ませるための味わい……! 梅の酸味、各食材の食感が……箸を白米へと向けさせる…!)



文香「この刺身コンニャクを噛んだ後だと、二倍も三倍もご飯をおいしく感じます……」



裕子「正直李衣菜ちゃんの料理と聞いてあんまり期待してませんでしたけど、これはしてやられました……いまなら箸でも曲げられるかも!」



文香「素材の限界を超るほどのサイキック……成程、李衣菜さんの料理は既に、サイキックの領域だと……」



文香(素材を生かし、磨き抜く……私達が目指すアイドルの最果てもまた、同じこと……)



文香(李衣菜さん……貴女は真理にたどり着いたのですね……)



文香「願わくば共に……アイドルとして、その高みに……」



裕子「……ふ、文香さん…? な、泣いて…ます? 泣いてますよね!? どうしたんですか!?」



文香「す、すみません……少し感動が暴走を……」



―――――――

――――

――



李衣菜「あ、文香さん。どうでした?」



文香「……涙が出るほど美味しいものを食べたのは初めてです」



李衣菜「お、大袈裟じゃ無いですか……? とくに凝ったことはしてないんですけど……」



文香「いえ……凝ればいいと言うものでは無いことを、この二日で痛いほど思い知りましたので……」



李衣菜「………えっと、文香さんって明日はお休みでしたよね?」



文香「はい……大学の講義に出席するつもりです。……遺憾千万の思いですが、学食がありますので……」



李衣菜「そ、そんなに泣きそうな顔しなくても……いくらでも作ってきますから……」



文香「……? ……っ!? い、いえしかし、弁当を受け取る機会が無いのでは、どうしようも……」



李衣菜「んー、まあ何とかなりますよ。届ける方法ならいくらでもありますって」



文香「そうは言っても、その、私如きにそこまで手間取らせるわけには……」



李衣菜「弁当なんて一人分作るのも二人分作るのも手間は同じですから」



文香「………我が家へ嫁に来ませんか?」



李衣菜「いや行かないですけど。行けないですし」



―――――――

――――

――





 【 大学 正門付近 】



文香(現在の時刻は、昼の十二時を五分回ったところです)



文香(結局、今朝は弁当箱を受け取らずに大学へ出向いてしまいましたが……大丈夫なのでしょうか)



文香(そもそも私は、どういった手段で昼食が届けられるのか知らされていません……正門で待て、という事は…車でも待てば良いのだとは思いますが―――)



あやめ「ニンッ。背後がガラ空きですよ、文香殿」



文香「……ッ! あ、あやめさん……!?」



あやめ「はいっ! あやめです! 李衣菜どのから預かった文香殿の昼食、お届けに参上仕った次第です!」



文香「い、いつの間に……というかその服装……制服ではありませんか」



あやめ「ええ、あやめは午前中、授業を受けてきましたので。そこから事務所へ立ち寄りお弁当を入手、全速力でここへ来ました」



文香(現在時刻は十二時六分……少なくとも事務所からここまでは、電車で10分以上の……いえ、これは恐らく考えたら負けなのでしょう……)



文香「し、しかし態々あやめさんに運んでいただくなどと……申し訳ありません、なんとお礼を申し上げて良いのやら……」



あやめ「いえ、報酬は既に受け取っています。なんと李衣菜さん、あやめの分までお弁当を作ってくれていたようでして」



文香(成程……それは確かに、報酬として申し分無い……)



あやめ「ですので! 一緒に食べましょう、文香殿!」





 【 大学構内 食堂 】



あやめ「あやめ、大学という場所には初めて踏み入りますが、綺麗なものですね。学舎、という気があまりしません」



文香「経営方針の一つに、学習環境の清浄化が組みこまれているらしく……基本的には快適です……冷房は少し、強すぎますが……」



あやめ「むむ……確かに少し肌寒いですね。文香殿のストール、もしやそのために?」



文香「ええ、まあ……あやめさん、このままでは体が冷えてしまいかねませんが……しかしご安心ください。私は昨日、この話を李衣菜さんと既にしています」



あやめ「……そ、そうですか。……文香殿の得意げな表情というのは、割と貴重ですね……で、安心とは?」



文香「お弁当を御作りになったのは、他でも無い李衣菜さん……屋内の冷房が強いことを伝えられた李衣菜さん、です」



あやめ「ええ、そうですね。文香殿の語り口から、俄然楽しみになって来ました」



文香「楽しみどころか……感涙といっても大げさでは無いかも知れませんよ……」



あやめ「それについては李衣菜殿から、『多分文香さん大袈裟なこと言うから話半分に聞いといてね』と言われています」



文香「その謙虚さにもまた、和の心を感じますね……」



あやめ「べた褒めですね、文香殿。しかし和の心とは……ロックなアイドルとして、それで良いのでしょうか……?」



文香「では包みを開けたいと思います……準備はいいですか?」



あやめ「アッハイ。構いませんよ。あやめはいつでも準備万端です」





あやめ「こ、これは……!」



文香「ほ、保冷剤……っ!?」





文香(そ、そんな馬鹿な! 保冷剤など……食中毒対策はわかりますが、しかし……!)



文香(暖かいままのお弁当は……李衣菜さんを以てしても、不可能だというのですか……?)



文香(梅を使用したクエン酸による抗菌をやってのけた、あの李衣菜さんが……!)



文香(いえ、梅だけでは不十分であるというのは事実……ですが! 創意工夫を諦めるなどと……!)



あやめ「文香殿? 文香殿! 帰って来て下さい! あやめを一人にしないでください! 奇異の視線に耐えられません!」



文香「……はっ。す、すみません……余りの衝撃に、意識が……」



あやめ「というかそもそもですね、お弁当を保冷剤で冷やすのは食中毒対策とともに、鮮度の維持を目的としているのです」



文香「……な、成程……夏野菜の鮮度を保つため……確かにこの二日は保冷剤と共に、トマトやキュウリが使われていました……」



あやめ「それに文香殿。今日あやめが受け取ったのは弁当箱一つではありません……御覧ください、この水筒」



文香「……! 本当ですか……!」



あやめ「本当ですとも……恐らく中身は熱々の緑茶かと」



文香「熱々の……緑茶……? では、もしや今日のお弁当の中身は……! ……開けます!」





あやめ「……やはり、そのようですね」



文香「……お茶漬け……ですか…!」





文香「白米の上に、梅肉のペースト……刻んだ海苔と塩鮭、ゴマと……この緑の粉は……」



あやめ「恐らく、乾燥わさびの粉末でしょう。それに各種調味料を配合した、お手製お茶漬けの素、と言ったところですね」



文香「あやめさん……先ほどから解説が料理人の片鱗を見せていますが……もしかして、貴女も……?」



あやめ「はい、料理は嗜んでいます。忍たる者、自炊くらい出来ないようではこの世界を生き残れませんので」



文香「あやめさんが生きている世界はアイドル業界とは別のところではないでしょうか……」



あやめ「さて……まだ完成ではありませんよ。このご飯は今、程よく冷えて居ます。……そしてこのお茶…」



文香「……水筒から、湯気が……! 確かに液体であれば、魔法瓶である程度の水温を保てます……!」



あやめ「程よく冷えたご飯側に、熱々のお茶を注ぎこむ……温度はお互いに近づこうとしますよね?」



文香「つまり、一皿の総合的な温度は……食事に適したものになるわけですね……」



文香(そしてそれだけでは無く……熱湯を注ぐことによって、発生する蒸気……これがわさびの香りを運んで、空間を満たす……)



文香(梅肉は昨日よりも幾分粘度が低く、だからこそお茶に融解しやすくなっています……しかも完全に溶けきるのではなく、形を残して……)



文香「まるで、梅の花びらが舞うような……!」





あやめ「乾燥わさび、梅肉のペースト、焼き鮭、ごま……それぞれから味が抽出されることによって、初めて料理として完成する、ということでしょう」



文香(最後の調理は、箸を運ぶ本人の手で……何と粋な演出でしょうか……お茶漬けとは、芸術だったのですね……)



あやめ「文字通り、溶け出る塩梅によって味の濃さが移ろう繊細な料理……弁当という制限された土俵で、ここまで立ち回れるとは……」



文香(口を付けるたびに、次が欲しくなる……少しづつ濃くなる味付けは、一皿に飽きさせないためのもの……)



文香(掻き込みたくなる衝動と、段階を経て味わいたいという欲求が、瀬戸際でせめぎ合うこの感覚……!)



文香「試されて、いるのですね……私の敬意を……!」



あやめ「……え? いえ、おそらく李衣菜殿にそんなつもりは無いかと……」



文香「し、しかし……これを口に掻き込んでしまうのは、あまりにも料理に失礼では……」



あやめ「ふふっ……それだけ、文香殿にとって長く楽しみたい料理だということ……お弁当の食べ方に、良し悪しなどありません!」



文香(……! その通りです……李衣菜さんは、そのような些事に拘る方ではありません……!)



文香「では……お言葉に甘えて……!」



文香(喉を通過する白米に愛おしさすら感じるとは……あゝ、どこまでも切ない至福……)



あやめ「文香殿……そんな表情も出来たのですね……」



文香「…御馳走、様でした………」



――――――――

――――

――





 【 女子寮 談話室 】





文香(来月の今日あたりに、所属アイドル総出でのライブイベントが決定したそうです。本当ならば、今日はレッスンの予定だったのですが……)



文香(これからレッスンや広報活動で忙しくなるだろうということで、プロデューサーさんとちひろさんから、暇を出されてしまいました)



文香(大学の講義も無いため絶好の読書日和……穏やかな時間が過ごせる……と、そう思っていたのですが……)



文香(…………正直今まで…昼の鐘が鳴るまで、気が気ではありませんでした。……考えていたのは勿論、お弁当のことです)



文香(ライブイベントの知らせを知ったのは、私が起床してすぐのこと……携帯電話に届いていたメッセージを読んだからであり……)



文香(その受信時刻は、深夜3時丁度。……プロデューサーさん……貴方の家は事務所ですか……)



文香(……これでは、李衣菜さんは急なメニュー変更を強いられたはず……)



文香(あそこまで計算された料理です……材料を揃える段階から、既に調理は始まっていると見て間違い無ありません……)



文香(休暇を頂いたのは私に限った話では無いでしょうから、李衣菜さんにも伝わっているとは思いますが……)



文香(レッスンをする者のために用意した材料で………果たして、休暇を読書に費やす者のための料理など……)





杏「……難しい顔してどうしたの?」



文香「…! あ、杏さん……?」





文香「……あの、今日は平日ですが……学校の方は…?」



杏「学校を休むのに罪悪感無し!」



文香「…罪悪感が無くても、サボタージュの免罪符には成りえないと思うのですが……」



杏「ニートとして恥ずべきことだが正直なところ今の双葉杏は………ダンスのレッスンのためにいま!学校を休むのだッ!」



文香「………? ……今日のレッスンは今後の多忙を考え、全体的に中止ではないのですか……?」



杏「その予定だったらしいんだけどねー……私とか乃々みたいな、普段から流し気味な連中には厳しいみたいでさー…今の内から仕上げとかないとヤバいってことで……」



文香(その枠組みに私が入っていなかったことへ安堵してしまいました………)



杏「……で? 何を悩んでたの? 杏で良かったら適当に聞き流すけど」



文香「適当に聞き流すことを宣言してしまうのですか……というか杏さん、レッスンのほうは……?」



杏「午後からだから大丈夫だよ」



文香「……本当でしょうね…?」



杏「うわぁ、疑われてるよ……日頃の行いって怖いね……」



文香「……日頃の行いを覆すほどの好印象を与えてしまえば、済む話ですよ……例えば、料理とか……」



杏「……料理?」





杏「へぇー……あの李衣菜が、感涙するほど美味しい料理をねぇ……これ絶対大袈裟に言ってるよね?」



文香「李衣菜さん本人にもそう言われましたが……私が感涙したのは事実なので……」



杏「へ、へぇー……文学少女特有の感受性ってことで、一先ずは納得しとくよ……」



文香(僅かに蟠りを感じますが、李衣菜さんの料理を一たび味わえばそのようなことは言えなく……)



杏「でもそっかー、確かに急にメニューを変えるって言うのは難しそうだよね」



文香(そ、そうでした……今日は、李衣菜さんの本領が発揮できていない可能性が高いのです……)



文香(李衣菜さんの得意とする料理は、シチュエーションを把握して成り立つもの……しかし今日に限っては、万全とは言い難く……)



文香(……もしそうならば…杏さんに実力を認知させるには、ひと味弱いかも知れません……)



杏「……ところで文香。李衣菜が作る料理って何料理なの?」



文香「……? い、いえ……ジャンルに固執しているようには思えません……冷製パスタからお茶漬けまで、幅広く……」



杏「ふーん……それなら、内容はどんな感じ? 二日続けて似たような食材が入ってたりとか、してなかった?」



文香「……それなら、一日目と二日目にはキュウリが……二日目と三日目には梅肉がありましたが……」



杏「なるほどね……じゃあたぶん、心配ないんじゃない?」



文香「えっ……」





文香「な、何故ですか……? 今の情報から、どのような結論を……!?」



杏「まあまあ、とりあえず開けてみなよ。きっと文香の期待通り……いいや、いつも通り期待以上の物が出て来るって」



文香「………良いでしょう……もしそうでなかったとしたら……こと李衣菜さんのお弁当に関しては、私をぬか喜びさせた罪は重いですよ……」



杏「う、うん……わかったからハイライトに仕事させよっか」



文香「で、では……いざ…!」







杏「………ほら、杏の言った通り」



文香「………! こ、これは……サンドイッチ…!?」







文香(有名な話です……サンドイッチの語源は、18世紀のイギリス貴族……サンドウィッチ四世ジョン・モンタギューに由来している、と……)



文香(諸説ありますが……海軍卿、政治家、芸術家として多忙だった彼が、執務中にペンを握りながらでも食べられる料理として愛食していたとか……)



文香(そして……私の趣味が読書であることは周知の事実……! 休暇を本に費やすことは、これ以上ないくらいに明白です……!)



文香(この料理は、私のための……本を片手に食事をするための料理……!)



文香「ですが、何故……!」



杏「簡単なことだよ……そもそも李衣菜は、前日に材料を買ったりなんかしてないってこと」



文香「……!? …ッ!?」





文香「そ、そんな! 不可能です……! あれほどの完成度の料理を、冷蔵庫にあった適当な食材で造るなど……!」



杏「それが可能なんだよね……文香さんって、普段料理とかしない人なんだよね? 李衣菜から弁当を貰ってるわけだし」



文香「……そ、それがどうかしましたか…?」



杏「李衣菜ってさ、この調子だと普段から料理してそうだよね。しかも師匠は実の母親と来たもんだ」



文香「………ま、まさか…」



杏「そんな環境で、冷蔵庫に適当な食材が充実してないわけ無いじゃん?」



文香(思えばその通りです……! 普段から料理をする家庭である以上、その冷蔵庫には大抵の要求に応えるだけの食材があって然るべき……!)



杏「きっと、何が食べたい?って質問に答えると、ちゃんとその料理が出て来るような家庭なんだと思うよ」



文香(そ、それは増々嫁に欲しい……いえむしろ、多田家に嫁ぎたい……!)



杏「それによく見てみなよ、それ。ただのサンドイッチじゃないみたいだよ? 文香の期待にも、しっかり応えてるね」



文香(確かに……六枚のサンドイッチの内、三枚は白いパンで挟まれていますが……残りの三枚は、茶色いパン生地……?)



文香「この香り……黒糖、でしょうか……」





文香(生地自体に練り込まれた黒糖……。成程……読書で疲れを溜めた脳のために、糖分を……というわけですか……)



文香(挟まれている具材も、生地の味に合わせて変えているのでしょう……白の間にはレタスとハム……黒の間には茹で卵の白身……)



文香(味付けも塩を基調とした薄めの物……ケチャップやマヨネーズ、トマトなどを避けたのは本への汚れを避けるため……)



文香(包みの中に、入っていた筒……この中に搾ったハンドタオルが……これはもう、読書を想定していることは明らか……!)



文香「急な変更にも、この対応……! 具材があるからと言って、簡単ではありません……」



杏「まあ、前日からある程度メニューは考えてるだろうからね」



文香(李衣菜さん……私はまだ、貴女の一端すら掴めて居なかったのですね……どこまでも深い……)



杏「……手を組んで祈ってるとこ悪いんだけど、杏にはなんか無い?」



文香「………先ほどは、ぬか喜びさせたら…などと失礼なことを……李衣菜さんを信じ切れなかった私に非が……――」



杏「違う違う……欲しいのは謝罪じゃないよ。……ね? わかるでしょ?」



文香「…………そんな、殺生な……!」



杏「さあ、そのサンドイッチを、一枚杏に、渡すんだ……!」



文香「あ、ああ……ああぁぁ……!」



―――――――

――――

――





 【 レッスンルーム 】



文香「………はぁ……はぁ……お、お腹が……空きました……」



ベテトレ「確かにそろそろ頃合いだな……よし、では今から一時間を昼休みとする。各自十分休んでおくように」



文香(ふぅ……がらにも無く激しい運動をしてしまいました。……アイドルの私が、ダンスを柄では無いと言うのは少々問題な気もしますが……)



文香(しかしこれも、来月に控えたライブのため。ある特定のアイドルには、『地獄の特訓』なるのものも課せられているとか……私一人が音を上げるわけにはいきません)



文香(……そして何より……! お弁当です……!)



文香(身体を動かし、気持ちよく汗をかいた後のお弁当は……それはもう格別であることでしょう…!)



文香(ふ、ふふふ……おっと…想像しただけで涎が……)





響子「……文香さん? どうかしたんですか?」



文香「ふぁ…!? き、響子さん……! な……なんでもありません……本当に、何でも……」



響子「なら、いいんですけど……とろんとした表情で固まっていたので、少し心配になって…」



文香(うう……不覚を取りました…呆けているところを見られてしまうとは……)



響子「もしかして……恋、ですか!?」



文香(違うと言い切れないところが、またなんとも悩ましい……胃袋は完全に掴まれていますし……)





文香「いえ……激しい運動をしたからか空腹で、お弁当を楽しみにしていただけでして……」



響子「あ、そうだったんですか。でも意外ですね。文香さんって、食事は軽く済ませるタイプだと思ってました」



文香「……確かについこの前までは、昼食などカップ麺で十分という有様でしたが……」



響子「ええ!? ダメですよ! ちゃんと栄養を考えて食べないと! 肌とか荒れちゃいますよ!?」



文香「お、落ち着いて聞いてください……ついこの前まで、の話ですから……」



響子「で、でも……文香さん、料理なんて出来るんですか…? 良かったら私が……」



文香「料理は確かに出来ませんが……今日は私、きちんとお弁当を持って来ているのです……!」



響子「ふ、文香さんがドヤ顔してる……って、それはもしかして李衣菜ちゃんの……?」



文香「……! わかるのですか……?」



響子「わかりますよ! お弁当を作るような子で、『Road to Rock 'n' Roll』なんて書いてあるお弁当包みを使ってるのは李衣菜ちゃん以外有り得ません!」



文香(そう言えば李衣菜さん、ロックなアイドルを目指しているのでしたね……もう私の中では家庭的なイメージが拭えそうにありませんが……)



響子「李衣菜ちゃんが作ったお弁当……私も少し、興味あります…!」



文香「それは、珍しいですね……大抵の方は最初、李衣菜さん作と聞くとあまり期待を寄せないものでしたが……」



響子「ええ……なんせ李衣菜ちゃんは、知る人ぞ知る美城十傑の第六席ですからね……」



文香(私の知らない単語が出てきてしまいました……)





響子「李衣菜ちゃんの得意分野は、まごころの料理……レッスンの後には、その魅力がこれでもかというほど炸裂するはずです」



文香(響子さんのこの表情……レッスンの最中よりさらに一層真剣な目を……!)



響子「ですけど……得意な料理だからこそ、油断があるかも知れません……私達庶民の料理にとって、小さな油断は命取り……」



文香(……響子さんの仰ることはわかります。レッスン後の疲れた体……食事で満たすことへのハードルは、これまでで最も低い……)



文香(今日のシチュエーションは、李衣菜さんにとって簡単過ぎます……そこに慢心が無いとは、言い切れません……)



文香(しかし私は……一切、心配などしていません……私が信じた李衣菜さんです……!)



文香「……響子さん。李衣菜さんは、こと料理に関して……油断も妥協も、許す人ではありませんよ……」



響子「もしそれが本当なら、私も嬉しいです。李衣菜ちゃんの本気の料理を、是非とも見てみたいですから」



文香(何も疑うことはありません……私はただ、李衣菜さんを信じて蓋を開ければそれで良い……)



文香(いつもより少なめの保冷材を脇に避け、弁当箱へ僅かに残った冷気を感じるこの瞬間……鼓動が速くなるのを感じます……)



文香「では……行きますよ?」



響子「はい……!」







響子「……! こ、これは……」



文香「……か、かか……唐…揚げ……?」





文香(そんな……そんな馬鹿な……! 弁当にから揚げ……これが鬼門であることは火を見るよりも明らか……!)



文香(冷えてぱさぱさになった唐揚げなどで、以前の私ならいざ知らず……舌の肥えた現在の私を満足させることが出来るでしょうか……いいえ出来ません!)



文香(半分を占める日の丸や、レタスを仕切りにして沿えてある蓮根の照り焼きが霞むほどの……圧倒的なまでの愚かな選択……!)



文香(……これには響子さんも落胆を隠せないはず…)



響子「………なるほど…!」



文香「……ッ!?」



文香(目を……輝かせている…!? こ、この唐揚げに響子さんは何を見出したというのですか……?)



文香(何か……何かあるはずです……! 私が見ただけでは、わかり得なかった何かが……!)



文香(見てわからないなら……)



文香「……食すまで…! 頂きます……!」



文香(………こ、この衣……! 殆ど水気を、感じません……! そして何より……!)



文香「肉が……柔らかい……! 信じられません……これは…これは一体……!」





響子「たぶんですけど……揚げる前に一度、茹でたんだとおもいます」



文香「……揚げる前に、ですか…?」



響子「はい。いきなり油の高温で揚げると、お肉は硬くなり易いんです。揚げる前に茹でることで、お肉自体の過熱を先に終わらせておけば……」



文香「……油に入れるのは、衣を揚げ数秒間で良い…! つまり、柔らかく仕上がるわけですね……!」



響子「それに最低限の油分しか使いませんから、普通の唐揚げよりもヘルシーに仕上がるんですよ。……ここまでは、料理をする子なら誰でもやってることですが…」



文香(まだ何か裏技を……! 李衣菜さん……貴女を疑ってしまった私を、どうかお許しください……!)



響子「この衣……小麦粉じゃ無くて、片栗粉ですね」



文香「……片栗粉……あの、とろみを付ける…?」



響子「はい、その片栗粉です。ですけどこの唐揚げは、何もとろみを出すために片栗粉を使ってるわけじゃ無いですよ」



文香「さ、流石にそれくらいはわかりますが……」



響子「片栗粉は小麦粉に比べて水分を含みにくいので……衣にしてお弁当に入れても、カリッとした食感を保てる……と、そういうことだと思います」



文香「で、では……こちらの蓮根は……! 頂きます……!」



文香(……! 照り焼きならではの甘辛い味の中に、スパイスのような尖った刺激……! これは恐らく…一味唐辛子……!)





文香(この蓮根の照り焼き……白米のお供には、この一品だけで十分と思えるほどの充足感……!)



文香(疲れた体には、甘さも辛さも……スパイスの刺激も……! 全てが有効に作用します……!)



文香(特筆すべきはそれを感じさせるタイミング……! 照り焼き独特の甘辛さが先行してくることで味覚に隙を作り……)



文香(そこへ刺すような……それでいて控えめな刺激が到達するという、この順序……!)



文香(緊張を揉み解してから、そこへ気合いを入れ直す……味の連携が、そのままこぶへと繋がっています…!)



文香(蓮根の触感は、あまり白米と相性が良いとは言えませんが…………まさか…)



文香「蓮根……白米……だからこその、唐揚げ……なのでしょうか…?」



響子「……きっと、そうだと思います。このお弁当における唐揚げは主菜じゃなくて、あくまで蓮根とご飯の繋ぎ……!」



文香(蓮根の触感は、から揚げと調和し……揚げ物がご飯と合わないという話も聞きません……)



文香(メイン級の肉料理を、橋役に起用するこの発想……! これは紛れもなく李衣菜さんの料理……!)



響子「丁寧な唐揚げと、蓮根の照り焼きが持つ充足感……おかずだけに集中させない工夫も完璧……!」



文香「……考えてみれば李衣菜さんのお弁当は、いつも主食を美味しくいただける物ばかり……」



響子「流石は……美城十傑の一人です!」



文香「……もしかしてその設定……冗談では無かったのですか…?」



―――――――

――――

――





 【 その日の夕方 レッスンルーム 】





李衣菜「いやー遅くなりました! 多田李衣菜、学校からここまで直行です!」



文香「……李衣菜さん、こんばんは。……レッスンは10分後に再開するそうです」



李衣菜「わっかりました! もうやる気バリバリですよ、私! 来月まで待てないっって感じです!」



文香(あわわ……この熱気で、お礼を言うタイミングが………なぜ李衣菜さんが私と同じクール属性なのか、時折疑問に思います……)



響子「あっ! 李衣菜ちゃん! お弁当、一口食べたけど美味しかったよ!」



李衣菜「えっ? 文香さん、響子と一緒にお弁当食べたんですか?」



文香「え、ええ……成り行き上……」



響子「今度一緒にお料理でもしてみない?」



李衣菜「えー? いいよそういうの。私の目指してるアイドルって、そういう家庭的なのじゃないし」



文香(何でしょう、罪悪感が……)



李衣菜「文香さんのお弁当だって、私が一方的に心配して勝手に作って来てるだけだしさ」



響子「あの、私が一緒に料理してみたいっていう……それだけなんだけど……駄目…かな?」





李衣菜「あ、えっと……そういう事なら、別に良いけどさ……私が料理得意なこととか、あんまり人に言わないでね?」



文香「……? それは、何故でしょうか。……素晴らしい才能だと思いますが…」



李衣菜「いやその……なんていうか、料理上手ってあんまりロックな感じじゃないでよね……?」



文香(李衣菜さんはそもそもあまりロックな感じでは……と、いけません……目指すものは人それぞれ、です…)



響子「じ、じゃあ……今日の夕飯とか、どう?」



李衣菜「い、いきなりだな……まあいいけど…そうなると私、女子寮に泊まりかな。明日は一日レッスンで、どうせずっと一緒だろうし……」



文香「……! で、では是非……! 私の部屋に泊まって行ってください……! その、お、お礼も兼ねて……」



李衣菜「ふぇ!? い、いいんですか……? な、なんか緊張するなぁ……」



文香(やりました……やりましたよ文香……! 明日は三食李衣菜食堂です……!)





響子「……そういえばさ、李衣菜ちゃん。一つ思い出したことがあるんだけど……」



李衣菜「ん? なに? ロックなこと?」



響子「えっと、ごめん……お料理の事だけど……李衣菜ちゃんの料理上手って、たぶんファンの人は結構知ってると思うんだけど……」



李衣菜「………え? …な、なんで!? どっから漏れたの!?」



響子「みくちゃんが定期的に、李衣菜ちゃんの作るご飯の感想を辛口でブログにアップしてたから……」



李衣菜「…………あ、あの猫〜〜!!」









文香「〜♪ 〜♪」





おわり