みく「にゃ!?そういえば、今日は765プロの我那覇さんと次のロケの打ち合わせがあったにゃ!」



みお「え、でもみくは今から取材だよね?」



杏「誰かが代わりに行けばいいんじゃないの?」



卯月「でも、それだと打ち合わせの意味がありませんよね?」



みお「じゃあ、みくのふりをすればいいんじゃない?」



みく「ナイスアイデアにゃ!それならあとで内容を教えてもらえれば大丈夫だもんね」



卯月「誰が行くんですか?」



みお「それはもちろん、同じユニットの」



杏「りーなだね。ふぁ...杏は寝るよ。おやすみ」



りーな「ふんふんふん♪」(音楽聴いてる)



みく「りーなチャン!お願いがあるのにゃ!」



りーな「な、なに!?」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1439480381



みく「ごにょごにょ...」



りーな「そんな、ネコミミだけじゃ...」



みく「ごにょごにょ...」



りーな「ちょっと、それは無理だって!」



みく「みくとりーなちゃんは同じユニットの仲間で親友だよね?」ウルウル



りーな「も、もう。仕方ないなぁ。ま、こういうこともロックだよね!」



みく「そうにゃ!最高にロックにゃ!」

喫茶店





りーな「なんだかみくに乗せられた気がする...」



りーな「ほんとにコレでごまかせるのかなぁ?」



りーな「それよりも、周りの視線が痛いよ...。我那覇さん早く来て...」





イラッシャイマセー



響「ネコミミつけた娘は...っと」キョロキョロ



公「ジュイ!」



響「あっち?え!?...でも、あの娘だよね」





響「前川さん...だよね?自分我那覇響。よろしくね」



りーな「よ、よろしくお願いします」



響「あれ?語尾に にゃ って付けないの?」



りーな「お、オフのときは使わないようにしています」



響「ネコミミ付けてるのに?」



りーな「これは目印になると思って...」アセアセ



響「そっか、じゃあ恥ずかしいことさせちゃったね。それならもう取ってもいいんじゃない?その覆面も」



りーな「」



響「打ち合わせは仕事の内だけど、一応自分も変装して...あ。もしかして、変装してるのか?」



りーな「わ、忘れてたにゃ!打ち合わせは仕事だから仕事用に覆面付けてるのにゃ!」カァァ///



響「え?さっきは...」



りーな「打ち合わせは大事な仕事にゃ!」ドンっ!



響「あ、うん。わかったぞ...」



響「えーと...」



りーな「みくでいいですよ...にゃ」



響「じゃあ、みくね。自分のことも響って呼んでいいからな」



りーな「えっと、じゃあ、響さん...にゃ」



響「今のは にゃ いらないんじゃない?」



公「ジュジュイ」



響「もしくは響にゃん。ってハム蔵が言ってるぞ」



りーな「あ、はい。勉強になりますにゃん」



ハム蔵「ジュイ!」



響「それで、この番組は生放送だけど、みくの出るロケは録画だからそんなに気張らなくても大丈夫だぞ」



りーな「はい...にゃ?」



響「え?今のでわからないところあったか?」



りーな「えっと、返事に にゃ は必要ですかにゃ?」



ハム蔵「ジュイッ」



響「わかったにゃー ならあってもいいけど、はい には要らないってさ」



りーな「わ、わかったにゃ!」

響「ロケは4日後ね。移動動物園の特集だから、現地集合だぞ」



りーな「わかったにゃ」



響「と、こんな感じ。あとは今話すよりも現場で教えたほうがいいからね」



響「そうだ、みくはどんな動物がすきなんだ?」



りーな「えっと、私は犬が好きだにゃ」



響「」



りーな「......!」



響「うん。そこは猫って答えなきゃ駄目だぞ...」



りーな「ね、猫は当然なのでその次に好きなのを...」



響「まぁ、猫キャラで売ってる以上、間違えないようにね」



りーな「は、はい」





響「じゃあ、猫ならどんな種類が好きなんだ?」



りーな「えーと...」



りーな(やばいよ!私猫の種類なんてわからないよ...)



響「いっぱいありすぎて迷ってるのか? 何でもいいんだぞ」



りーな「と、トラ猫です...にゃ」



響「」



りーな「あ、あと黒猫がロックでかっこいいなって」



響「」



りーな「あ...。 にゃ...」



響「今はボケはいらないよ?というか、撮影でもそういうボケはいらないからな」



りーな「あっはい」



りーな(ど、どどどどどうしよう!?響さん怒ってるよ......)





りーな「あ、あの響さん!」



響「何?」



りーな「えっと、実は...」



響「ああ、猫キャラは事務所の方針ってだけで、みくはよくわかってないんだろ?そんな覆面まで付けてるくらいだし」



りーな「わた... あ、そ、そうなんです」



響「自分も最初は似合わないクールキャラで売ってたしな」



りーな「え、そうなんですか?」



響「恥ずかしいからそっちの事務所で話さないでくれな」



りーな「え、も、もちろんです」



響「だから、みくの境遇も少しはわかるんさ。でも、仕事だからそこはしっかりしなきゃね」



りーな「は、はい!」



りーな(響さんの勘違いで何とか切り抜けたよぉ)



響「それじゃこれで終わろうか。お疲れ様。ロケはよろしく頼むぞ」



りーな「はい、こちらこそよろしくお願いします」







りーな「って感じ。大事なことは現場で言うから集合場所と時間だけ間違えないでね」



みく「りーなチャン!ありがとにゃ!」ギュッ



みお「まさか覆面ネコミミでミッションクリアするなんて...」



杏「さすがに杏もロックだと認めざるを得ないよ」



卯月「りーなちゃん、ほんとお疲れ様でした」



みく「それじゃ、みくはレッスン行ってくるにゃ♪」ルンルン





みお「けどさ、覆面ネコミミがみくって認識されてるなら」



杏「当日もその格好で行かなきゃだよねー。ま、杏には関係ないけど」



りーな(あ、猫好きっていう設定になっちゃってるってこと伝えてなかった...)



卯月「気分を入れ替えて覆面はやめましたとか?」



みお「苦しいけどそれしかないよね」



りーな(ま、なんとかなるよね)

4日後







みく「はじめまして、前川みくです!猫チャンが大好きな猫アイドルを目指してるにゃ!」



響「4日前にあったばっかりだろ。」



みく「あ、そ、そうだったにゃ。緊張してつい...」



響「そんなに緊張しなくていいからね。で、何で覆面やめたの?」



みく「え?」



響「覆面ネコミミのキャラで売ってるんじゃなかったっけ?」



みく「はっ!? えーと、それは...そう!今日は覆面じゃない日なんです!」



響「4日前も上手く にゃ って使えてなかったし、それは仕方ないかな。でも、猫キャラで売っていくなら本番は気をつけるんだぞ」



ハム蔵「ジュジュイ」



響「ハム蔵もそう気張らなくていい って言ってるぞ」



みく「は、はい!ありがとうございますにゃ!」





撮影後







響「お疲れ様」



みく「お疲れ様にゃ!」



響「猫のこといっぱい勉強したんだな。感心したぞ」



みく「みくは猫ちゃんのことなら何だって知ってるにゃ!」



響「この前は好きな種類がトラ猫とか言ってたのに?」プークスクス



みく「え、そ、それは...」



みく(りーなチャン、帰ったら覚えとくにゃ)



響「事務所の方針とはいえ、好きでもない猫のことを一生懸命勉強するのは本当に偉いぞ!」



スタッフA「え?みくちゃんってほんとは...」



スタッフB「事務所の方針だったのか...」



スタッフC「失望しました。みくにゃんのファン辞めて響ちゃんのファンになります」



みく「ち、違うにゃ!!あれはりーなチャンでみくじゃないにゃ!」



響「業界じゃよくあることなんだから、誤魔化さなくたっていいんだぞ。それに、スタッフだってそういう秘密は内緒にしててくれるさ」



みく「なんでにゃ!!!?」





おしまい