生徒会室





絵里「いつも振り回されてばかりなんだから、これくらいのイタズラは許されるわよね?」



絵里「フフ…穂乃果の慌てふためく姿が目に浮かぶわ!」



絵里「それじゃあ早速椅子にもたれかかって…」



絵里「」グデーッ





ガチャ





穂乃果「あっ!絵里ちゃん、もう来てくれてたんだ!ゴメンね?ホームルームが長引いちゃって…」



穂乃果「……」



穂乃果「…絵里ちゃん?」



絵里「」



穂乃果「お、おーい絵里ちゃーん」ユサユサ



絵里「」



穂乃果「返事がない…ま、まさか…!!」



絵里(……!!)











穂乃果「…寝てる?」



絵里(あ、そうなるか)



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1438602911



穂乃果「もう!用事で来れない海未ちゃんとことりちゃんの代わりに手伝ってくれるって言ったのに!」プンプン



絵里(ま、まずいわ…このままじゃ約束も守れない、いい加減な先輩だと思われちゃう!)



絵里(仕方ない、イタズラは失敗ね。目を覚ましたふりを…)



穂乃果「……でも」



絵里(…?)



穂乃果「絵里ちゃんは自分の練習に加えて、みんなのダンスの指導をしたり、受験勉強をしたりで…きっと疲れてるんだよね…」



絵里(え…別にそんなことは…)

穂乃果「それなのに、穂乃果を手伝うって言ってくれて…絵里ちゃんは優しいな…」



絵里(そ、そうかしら?私はただ…)



穂乃果「…決めた!絵里ちゃんはこのまま寝かせておいてあげよう!今日は穂乃果1人で頑張るっ!」



絵里(ええっ!?いいわよ、そんな気を遣ってくれなくても…生徒会も忙しいって言ってたし、早く起き



穂乃果「…それに」











穂乃果「1人で仕事を全部終わらせたら、絵里ちゃんが頭ナデナデして褒めてくれるかもしれない…///」エヘヘ



絵里「――――――」ズキューン

穂乃果「よぉーし!やるぞーっ!」



穂乃果「まずはこの書類を…」



絵里(……)



絵里(ま、まぁ?)



絵里(後輩の成長を見守るのも大切な仕事よね?)



絵里(別に穂乃果を甘やかしたいわけじゃないわぁ)



穂乃果「あ、でもその前に…ぷぷっ!絵里ちゃんたら、だらしないカッコ…!穂乃果が直してあげるね」ササッ



絵里(ん…)



穂乃果「…よし、と!さぁ頑張ろう!」



絵里(…フフフ。穂乃果って、1人のときでもこんなによくしゃべるのね)

絵里「……」チラ



穂乃果「……」キリリッ



絵里(…流石、一度集中するとすごいわね。黙々とこなしてる…)



絵里(…というか、今の穂乃果は私に褒められたくて…ナデナデしてほしくて頑張ってるのよね…)



絵里(そう考えると、なんだかムズ痒い…///)



穂乃果「…ん?絵里ちゃんの顔がうっすら赤くなってるような…?」



絵里(ハッ!?ぼ、煩悩退散っ!素数を数えるのよ…!2、3、5、7…)



穂乃果「んー…気のせいかな?まだ寝てるみたいだし。どうせなら、今日は起きないでいてほしいなぁ…」



絵里(絶対に起きないわぁ)

穂乃果「…ふぅ、ひと段落…っ」ノビー



絵里(フフ…頑張ってるわね。偉いわよ)



穂乃果「…あ、そうだっ!今日はカバンに…♪」



絵里(…?)



穂乃果「じゃーん!絵里ちゃんと食べようと思って持ってきた、なんだか高そうなチョコレート!」



絵里「!!!」



穂乃果「お母さんが戸棚の奥の奥に隠してたくらいだから、きっと高級で美味しいチョコに違いないよ…!」



絵里(後で怒られるわよ…でも、私も食べたいっ…!!)



穂乃果「いっただっきまーす♪」パクッ



絵里(ああっ!?)



穂乃果「ん〜っ♪おいひ〜♪こんなチョコレート、今まで食べたことないよ!」



絵里(あああああっ…!!どれだけ美味しいのよぉぉぉ…!?)



穂乃果「ふふ…そうだ、絵里ちゃんにも…」



絵里「!!」



穂乃果「匂いだけでも楽しんでもらおう!ほれほれ〜♪」



絵里(のぉぉぉおおおおおっ!!芳醇なカカオの香りがっ…!!)

穂乃果「えへへ…これでチョコレートの夢が見れたりするかな?」



絵里(こんなの悪夢よ!!地獄よ!!拷問よ!!)



穂乃果「あれ…なんだか顔が険しくなってるような…」



絵里(…ハッ…ぐぬぬ…耐えるのよエリーチカァ…!!)ニヘラッ



穂乃果「あっ!笑ってるみたい!良かったぁ…あむっ♪」パクッ



絵里「」



穂乃果「ダメだ…これは止まらないやつだよ!」パクパク



絵里(ちょっとちょっと!まさか1人で全部食べちゃう気じゃ…)



穂乃果「おっと…でもまだ仕事中だし、休憩はこれくらいにしないとね」



絵里(そうそうその通りよ!それに…)



穂乃果「…それに、絵里ちゃんと一緒に食べたほうが、もっともっと美味しく感じるだろうし…///」エヘヘ



絵里「――――――」ズキューン

穂乃果「よーし!続けるぞぉー!」



絵里(もう…こっちの気も知らないで、恥ずかしいことばかり言うんだから…///)



穂乃果「♪」



絵里(…どうやら、チョコレートを食べてノってきたみたい?)



穂乃果「フンフフフ〜ン♪」



絵里(鼻歌なんて歌っちゃって…)クス



絵里(いったい何の歌を…)



穂乃果「フーフーフフフン♪フーフーフーフー♪」











穂乃果「…あ〜たしさくらんぼ♡」



絵里(選曲可愛すぎっ)ブバッ

穂乃果「手帳〜開くと〜もう〜♪」



絵里(こ、これは破壊力高いわね…あの穂乃果が、この曲って…)



絵里(くぅぅ…頬が緩んでしまうわ…なんとか耐えないと…!)



穂乃果「中身が〜♪いっぱいつまった♪」



穂乃果「あまいあ〜まいものでぇす♪」



穂乃果「イェイ♪」



絵里(1人合いの手っ)ゴフッ

穂乃果「笑顔咲ク〜♪君〜と〜♪つ〜ながってぇ〜たい♪」



絵里(こ、このままでは…)



絵里(そうよ!こんなときにこそ素数を…いや、ここは円周率でより無の境地に…!)



絵里(3.1415926535…)



穂乃果「愛し合う〜♪ふた〜り〜♪し〜あわせの〜そら♪」



穂乃果「とーなーりどうし♪あ〜な〜た〜と〜…」



穂乃果「……」



絵里(…5028841971……ん…?)



穂乃果「……」チラ



絵里(どうしたのかし



穂乃果「…とーなーりどうし♪え〜り〜ちゃんと♪」











穂乃果「ほ〜のかさくらんぼっ♡」



絵里「ゲッホ!!ゴホッ!!ガフッ!!」

穂乃果「うわっ!?絵里ちゃん大丈夫っ!?」



絵里「!! う、うーんむにゃむにゃ…」



穂乃果「…あれ?まだ寝てるみたい…?びっくりしたぁ…」



絵里(あ、危なかった…流石にバレたかと…)



絵里(というかなに?どういうこと?私のこと…その、そういう風に見てるってこと…!?///)



穂乃果「うーん…うるさくして起こしちゃったらイヤだし、歌うのはやめよーっと」



絵里(とりあえず、そうしてもらえると助かるわ…)



穂乃果「…それにしても」ズイッ



絵里(っ!?///)



穂乃果「絵里ちゃんって…やっぱり美人さんだなぁ…」ジーッ



絵里(近っ…!?ほ、穂乃果、近…ちかちかちか…ホノーチカァっ!?///)

穂乃果「あれ…?おかしいな…」



穂乃果「絵里ちゃんのきれいな顔を近くで見てたら…穂乃果…」



絵里(ま、ままままさか…!?)



穂乃果「…なんだかムカムカしてきたよ!!」



絵里(はい?)



穂乃果「むー!なんでこんなにきれいなのー!!嫉妬しちゃうよ!!」



絵里(いやいや…穂乃果だって可愛い顔して



穂乃果「…よし、おデコに落書きしちゃおう」



絵里(はいぃ!?)

穂乃果「なんて書こうかな…やっぱり『肉』かな?」



絵里(なんて屈辱的な…そんなの耐えられないわ!もう起き



穂乃果「…あ♪もっといいこと思いついたよ!」ガシッ



絵里(ちょ)



穂乃果「えへへ〜♪」キュキュッ



絵里(お、遅かったぁー!!)



穂乃果「…うん、かわいい!ムカムカも収まったし、ラストスパートだ!」



絵里(な、何を書いたのかしら…起きたらさっさと拭き取らないと…覚えてなさいよ穂乃果ぁ…)

カァー カァー





穂乃果「…ふぅ」



穂乃果「よーっし!終わったぁ〜…」



絵里(すごい…ホントに1人で終わらせちゃった)



穂乃果「久々にこんなに集中したよ…疲れたぁ…」



穂乃果「でも、これで…えへへ///」



絵里(…///)

穂乃果「結局絵里ちゃんは寝たままだったなぁ…それだけ疲れてたんだね…」



絵里(…そういうわけじゃないんだけど)



穂乃果「でも、なんていうか…無防備だなぁ…」



穂乃果「……」



絵里(…?)



穂乃果「い、今なら…バレないよね」ゴクッ



絵里(え…?)ドキッ

穂乃果「絵里ちゃんが寝てる隙に…なんて、ズルいかもしれないけど」



穂乃果「絵里ちゃんだって、悪いんだよ?」



絵里(な、何が…?)



穂乃果「穂乃果の気も知らないで…目の前でこんなにぐっすり眠っちゃってさ…」



絵里(穂乃果の…気…?)ドクン



穂乃果「……」スッ



絵里(え…ちょ…!?)ドクン ドクン



穂乃果「絵里ちゃんの…くちびる…」



絵里(う、うそっ…!?)ドクン ドクン ドクン



穂乃果「だめ…吸い寄せられちゃう…」



絵里(まさか…まさか―――)ドクン ドクン ドクン ドクン



穂乃果「ごめんね絵里ちゃん…でも、穂乃果…」



穂乃果「絵里ちゃんのこと……」



絵里(――――――っ!!)











ピンポンパンポーン♪











絵里(!!!???)



穂乃果「ん…」ピタッ

『校舎内に残っている生徒の皆さんにお知らせいたします』



『まもなく、下校の時刻となります。生徒の皆さんは―――』











穂乃果「…もうそんな時間かぁ」



絵里(し、心臓止まるかと思った―――)

穂乃果「う〜んっ!」ノビーッ



穂乃果「ふぅ!今日も1日頑張ったなぁ〜!」



穂乃果「さて、帰る準備しよーっと」テキパキ



絵里(…ん?)



穂乃果「…よし、机の上は全部片づけたし、忘れ物もないよね!」



絵里(あ、あれ…?)



穂乃果「じゃ、帰りますか!今日の夕飯はなんだろな〜♪」



絵里(え…!?ちょっと、私のこと置いていく気!?)



穂乃果「おっと、大事なことを忘れてた…」



絵里(ホッ…そうよ、早く私を起こし















穂乃果「…絵里ちゃんもいつまでもそんなことしてないで、早く帰らないとダメだよ♡」



絵里「んなぁぁっっっ!!!???」ガバッ

穂乃果「生徒会室の鍵、職員室に返しておいてね〜♪」タッ



絵里「ま、待ちなさいっ!!まさか穂乃果、最初から気づいて…!?」



穂乃果「さぁどうでしょう〜♪ププ!」



絵里「うわぁーーーっ!!からかってたのねぇ〜〜〜〜〜っ!?」



穂乃果「えー、からかってなんかないよ〜」



絵里「うそ!!あれだけわざとらしく私をドギマギさせるようなこと言って!!」



穂乃果「だから、全然からかってなんかないんだってば〜…じゃ、穂乃果はこれで!また明日ね!」ダッ



絵里「あっ!…こ、このぉ〜〜〜…///」



絵里「…待ちなさぁ〜〜〜いっ!!」ダッ



穂乃果「あはははっ!や〜だよ〜〜〜〜♪」



………

……



絵里「結局逃げられた…まったく、逃げ足だけは速いんだから…!」



絵里「いや、鍵を返してからでも全力で走れば…」ブツブツ



理事長「あら?絢瀬さん?」



絵里「! 理事長…」



理事長「今日は練習お休みじゃなかったかしら?こんな時間までお勉強?」



絵里「あー…いえ、今日は…」



理事長「…プッ!」



絵里「え?」



理事長「…フフ、絢瀬さん、生徒会のお手伝いをしてくれていたのね?」



絵里「は、はい、その通りですが…なぜそれが…」



理事長「だって、おデコにそう書いてあるんですもの…」クスクス



絵里「おデコに…?」

先生A「ん?なんだぁ絢瀬、そのデコは…」



先生B「どうしちゃったの…?」



先生C「いや…こいつは高坂の仕業でしょうなぁ」



絵里「穂乃果の…」



絵里「―――あ」



先生B「ほら…手鏡、見る…?」



絵里「――――――――っ!!!」











『ほ』











<……ホノカァァァァァァァァァァァァッッッ!!!!!!





穂乃果「♪」











終わり