静香「未来…」



未来「あ、プロデューサーさんと育ちゃんと桃子ちゃん帰ってきてたんだ」



静香「そうみたいね」



未来「それで、なんであの三人を見てたの?」



静香「見てたらわかるわ」



未来「?あ、二人とも頭撫でて貰ってる」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1439075713



未来「二人とも嬉しそうだね」



静香「そうね。ところでさっきの質問の答えだけれど」



未来「うん」



静香「私がプロデューサーに頭を撫でて貰いながら静香、愛してるぞって言ってもらうにはどうすれば」



未来「ごめん私用事を思い出したから」ガシッ



静香「まあ少し付き合いなさいよ」



未来「うわーん!絶対面倒臭いやつだよこれー!」

静香「未来!」



未来「な、なに?」



静香「アイドルが面倒臭いなんて言っちゃ駄目よ」



未来「今の静香ちゃんを見たら誰でも同じ事言ってくると思うよ」



静香「ちっ、突っ込んでくる未来は面倒臭いわね」



未来「あれー…」

未来「ねえ静香ちゃん、さっき何言ったか覚えてる?」



静香「突っ込んでくる未来は面倒臭いわねって言ったわ」



未来「うん、言ったね。じゃあその前は?」



静香「未来は面倒臭いなんて言っちゃ駄目よって言ったわ」



未来「あれ…私の記憶が間違ってるのかな」



静香「ふふ、変な未来」



未来「でへへ…静香ちゃんほどじゃないよ」

静香「それで話は戻るんだけど」



未来「戻らなくて良いと思うよ?」



静香「私がプロデューサーに頭を撫でて貰いながら静香、結婚しようって言ってもらうにはどうすればいいかしら?」



未来「あちゃー、話が戻るんじゃなくて進んじゃったかー」

未来「うーん、とりあえず頭を撫でて貰いたいならお仕事頑張れば良いんじゃないかな?やる気が伝わればプロデューサーさんも褒めてくれると思うよ?」



静香「なるほど…それは良い考えね」



未来「でしょ?」



静香「とても未来が考えたとは思えないくらい。私、未来のことを見くびってたわ」



未来「あれ、私もしかしてdisられてる?」



静香「ところで未来」



未来「なに?」



静香「私がプロデューサーに頭を撫でて貰いながら静香、子供を作ろうって言ってもらうにはどうすればいいかしら?」



未来「あ、私の案はなかったことにされたんだね」

未来「もうさー、他の人に聞けば良いんじゃないかなー」



静香「そうね、そうしましょうか」



未来「うん、じゃあ私はこれで」ガシッ



静香「まあもう少し付き合いなさいよ」



未来「うわーん!」

美奈子「プロデューサーさんに褒めてもらう方法?」



静香「はい」



美奈子「やっぱりたくさん食べることかな!みんながお腹いっぱいになれば気分が良くなってプロデューサーさんも褒めてくれるよ!」



静香「なるほど…わかりました、ありがとうございます」



未来(これ絶対人選間違えてるよね)

静香「でも一人だけの意見じゃ不安ね、他の人の意見も聞きたいわ」



未来「そーだねー」



静香「次は恵美さんに聞いてみましょう」

恵美「プロデューサーに褒めてもらう方法?」



静香「はい」



恵美「うーん、アタシの経験でいい?」



静香「はい」



恵美「じゃあ教えたげるね。まずプロデューサーがいない間に家に入って片付けとか家事をするの」



恵美「で、いつプロデューサーが帰ってきてもいいように作り置きできるご飯を作っておいて、プロデューサーが帰ってきたら一緒に食べる」

恵美「で、また次の日の朝にプロデューサーが寝てる間に家に入って朝ごはんを作ってあげる、そうしたら褒めてくれたよ」



静香「なるほど…参考になりました、ありがとうございます」



恵美「今日はアタシが行く日だから駄目だけど明日なら多分誰も行かない日だから大丈夫だよ!」



静香「恵美さん、ありがとうございました」



恵美「にゃはは、頑張ってねー」

静香「二人の意見をまとめると」



静香「私がプロデューサーの家で家事をしてプロデューサーと一緒にうどんを10玉食べて次の日の朝ごはんを作れば良いのね」



未来「そうだね、そうすれば良いんじゃないかな」



未来「でも静香ちゃん、どうやってプロデューサーさんの家に入るの?」



静香「合鍵があるから問題ないわ」



未来「えっ」



静香「未来だって持っているでしょ?」



未来「私は持ってないかなー」

静香「可哀想に…合鍵を持っていないなんて」



未来「それ、プロデューサーさんに貰ったの?」



静香「鍵屋さんで型を取って作ってもらったわ」



未来「そのこと、プロデューサーさんには?」



静香「言ってないわ」



未来「うわー」

未来「それ、プロデューサーさんが知ったらなんて言うだろ」



静香「そうね…合鍵を作ってまで俺に会いに来てくれるなんて静香は良い子だな、結婚しようって言ってくれると思うわ」



未来「そっかー、静香ちゃんポジティブだねー。私なら迷わず通報するかなー」

P「お、いたいた」



未来「あ、プロデューサーさん」



静香「…」



P「静香、この前のCM、評判良かったぞ!」



静香「そ、そうですか」



P「ああ、よくやったな」ナデナデ



静香「あ、ありがとうございます」



P「この調子で頑張ろうな!」



静香「はい!」

静香「…ふふ」



未来「よかったね、静香ちゃん」



静香「ええ」



未来「これで解決かな」



静香「プロデューサー、子供は二人が良いって言ってたわ」



未来「言ってなかったよ」



静香「ねえ未来」



未来「なに?静香ちゃん」



静香「私のこの顔のにやけを抑えるためにはどうすればいいかしら?」



未来「知らないよ」



終わり

おまけ



志保「…」



未来「志保、なに見てるの?…ブライダル誌?」



志保「未来」



未来「ん?」



志保「私がプロデューサーさんの子を産むためにはどうすればいいかしら」



終わり