スレたてるのは初めてなので至らない点あると思いますが暖かく注意してもらえると有難いですm(_ _)m



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1435842340



クールで頼りになる皆のまとめ役。

そんなイメージだったのに……どうしてこうなったのかしら…としか言いようがないわ…









海未「にこ、今日も可愛いですね」



絵里「ホント、なんでこんなに可愛いのかしら」



にこ「あーはいはいありがとありがと」



海未「…なんだか最近にこが冷たい気がするのですが…」



絵里「奇遇ね、私もそう考えてた所よ」

海未「にこは私達の事が嫌いになってしまったのでしょうか…」



絵里「そんなことはないわ!諦めちゃだめよ!」



海未「絵里…!そうですよね、私達はにこが大好きなのですから!」



にこ「…どうでもいいけど、それにこがいるときにやるのやめてくれる?」



海未「どうしてですか!」



にこ「…いや、普通に恥ずかしいんだけど」



絵里「照れてるのね、可愛いわ!」





にこ「恥ずかしいのは変な芝居のことよ!大体本人を目の前にして嫌いになってしまったのでしょうか…じゃないわよ!きこえてるっつーの!」





海未「…にこが私達に構ってくれないからじゃないですかぁ…」グスッ



にこ「なんで泣きそうなのよ!」



絵里「にこのことが大好きだからに決まってるじゃない!」グスッ



にこ「はいはい、もうアンタ達が毎回毎回会うたびに言ってくるせいで大好きがおはようみたいに思えてくるわ…」



絵里海未「「にこぉ…見捨てないで(下さい)…」」ウルウル

穂乃果「あ、にこちゃん達だ!おーい!」



海未「穂乃果、どうかしたんですか?」キリッ



絵里「おはよう、穂乃果」キリッ



穂乃果「おはよう!3人を見つけたら声をかけずにはいられなくて…」



にこ「なんでにこだけのときはあんなんなのに急にしっかりしてるふりするのよ…」



海未「すみませんが穂乃果、今からにこと絵里と大事な話があるので先に教室に行っていて貰ってもいいですか?」



穂乃果「そうなんだ…うん、わかったよ!じゃあまた後でね!」

絵里「………行ったわね」



にこ「別に私は大事な話なんてないんだけど」



海未「にこと話ができればそれだけでいいんです!…ですが話すことがないならにこがμ'sメンバーの中で誰が一番好きか話すなんてどうでしょう?」



絵里「ハラショー!海未、それはハラショーな案ね!」



にこ「なんで二回いったのよ…しかもそのにこが一番好きってアンタ達の名前を出すの前提みたいな自信はどこからでてくるわけ…?」



海未「だってにこ、私達の事大好きですよね?」



絵里「うん、そうよね」



にこ「にこのどこからアンタ達の事が大好きだっていう態度がみてとれるのよ!」



海未「なんだかんだいって最後まで話に付き合ってくれるじゃないですか」



絵里「それに大好きって言った後素っ気なく返してくるけどその時顔が緩んでるじゃない?」



にこ「は、はぁ!?話に付き合ってあげてるのは暇なだけだし、顔が緩んでるなんてことは絶対ないわよ!」プイッ



海未「それに最初の頃なんて可愛いと沢山いったら顔を真っ赤にして俯いてたじゃないですか」



絵里「あの頃のにこも半端じゃなかったわね…いまの平然としてるふりのにこもいいけど」



にこ「急に言われたら驚くに決まってるじゃない!それと平然としてるふりなんかじゃなくてホントに慣れたのよ!」

絵里「そんなに顔赤いのに?」



にこ「嘘っ!?…ぁ……」



海未絵里「……」ニヤニヤ



にこ「今のは違っ…!」カァァ



海未「わかってますよ、にこは平然としてましたけど内心凄く照れてるということは」



絵里「そんな所も可愛いのよね…もう一緒に住みましょう!」



にこ「わかってるならやらないでくれる!?絵里はなんの脈絡もなく変なこというんじゃないわよ!」



絵里「私は本気よ」キリッ



にこ「ぇ…な、何よそれ…意味わかんないわよ…」



絵里「言葉の通りよ、私はにこが好き。暖かい家庭を作りましょう!」



海未「卑怯ですよ絵里、私だってにこのことが好きです!それは譲れません!」











にこ「もうわかったから!恥ずかしい話しないで…///」

絵里海未「「……はっ」」



絵里「可愛すぎて意識飛んでたわ」



海未「同じく私もです」



にこ「も、もう…ホントなんなのよ…」



海未「あ、にこ今日は暇ですか?μ'sの活動もお休みですしよかったらでかけません?」



絵里「海未…それこそ卑怯よ!私だってにこと遊びたいわ!」



にこ「まあ、今日はマm…母親も帰ってこれるらしいから暇だけど…」



海未「ならば私とでかけましょう!」



絵里「海未ー!にこ、私を選んでくれるわよね…?」



にこ「それなら3人で出かければいいじゃないの」



海未絵里「「ぐぬぬ…」」



海未「デートがよかったのですが、にこがいうならしかたありませんね」



絵里「デートがしたかったのだけど、まあしょうがないわ」



にこ「デートしたかった、を強調するんじゃないわよ!」



海未「じゃあとりあえずもうそろそろ予鈴もなりますし解散にしましょうか」



絵里「そうね、放課後が楽しみね」



にこ「それに関してはノーコメントっ!?」



絵里「ほらにこ、いきましょ?」グイッ



海未「さりげなくにこの肩を抱くのはやめてください!」



絵里「海未、はやくいかないと遅れちゃうわよー?ふふふ…」



海未「くっ…絵里、覚えていて下さいね…」



にこ「はぁ…本当になんなのよこの二人…置いていこ」



海未絵里「「ー!ーーー!」」



そして遠くなる二人の言い争いの声を聞きながらさっさと教室に戻ったにこでした。ちなみに二人とも遅刻して怒られたらしいわ。自業自得ね。











__________



にこ「ふぅ…やっと授業終わったわ…」



ガララッ



絵里「にこ!迎えに来たわよ、さあ行きましょう!」



にこ「突然入ってきたと思えばアンタ元気ね…」



絵里「当たり前じゃない、大好きなにこと一緒にいれるんだから♪」ボソッ



にこ「…!!」カァァ



にこ「なに…言って…」



絵里「ふふっ、にこがどう思ってるか、聞きたいわ」



にこ「にっ!…にこも…その…//」



ガララッ



海未「にこ!迎えにきましたよ!」



にこ「ひゃあ!…海未、驚いたじゃないの!」



海未「すみません…大好きなにこと一緒にいれるっていうことが嬉しくてつい…」



にこ「アンタまで…//」



海未「までってことは…ぐっ…絵里に先を越されてしまったようですね…」



絵里「くぅっ、いいところで邪魔が入ったわね…」



にこ「ほ、ほら、さっさといくわよ!」



絵里「うまく逃げられたわね…素直になってくれるのはまだ先かしら」



海未「絵里には負けませんよ!にこへの気持ちは誰にも負けません!」



にこ「…ここ教室なんだけど!!」



モブ1「矢澤さんモテモテだねー!」



モブ2「かわいーー♪」



にこ「……///アンタ達のせいで明日から微笑ましい目で見られたらどうしてくれるのよ…//」



海未「責任とって一生傍にいます」



にこ「そこまでやれとは言わないわよ!」



海未「言われなくても傍にいたいんです」



にこ「………////」



海未「ずっと傍に、いてもいいでしょうか…?」



にこ「…そ、それは…私も海未の傍に…」



絵里「ストップストップストーーップ!!」



海未「絵里!なんで邪魔するんですか!」



絵里「なんでじゃないわよ!にこといい雰囲気にならないで!」



海未「ぐぬぬぬ…」



にこ「はぁ…もう置いていくわよ!」



海未絵里「「照れちゃって、可愛い(ですね)♪」」



にこ「照れてない!!」



____________________





にこ「…で?どこにいくわけ?」



海未「あ、あの…にこ…私の家に来ませんか…?絵里は帰っていいですよ」



絵里「にこ、海未は帰らせて私の家にこない?今日は亜里沙も穂乃果の家にお世話になるみたいだし…」





海未絵里「「ぐぬぬ…」」



にこ「はぁ…じゃあウチにこれば?本当はあんまり呼びたくないんだけど」



海未「そんなっ!お母様もいらっしゃるのに…////」



絵里「そうよ!まだ、結婚の挨拶ははやいわ…///」



にこ「だれが挨拶しろっていったのよ!」



海未「き、今日は絵里の家で我慢してあげますからそちらにいきましょう」



絵里「貴方ね…まあいいわ。それじゃあいきましょ?」



にこ「まあそれでいいならいいんだけど…」



____________________





にこ「お邪魔するわね」



海未「お邪魔します」



絵里「にこは全然邪魔なんかじゃないわ!」



海未「私は邪魔、と…」



にこ「海未がかわいそうじゃない…」ナデナデ



海未「にこ…!」パァァ



絵里「くっ、やるわね海未」



にこ「ほら、また言い争いになる前に行くわよ…ってなんで人の家でにこが仕切ってんのよ!」



絵里「あ、ごめんなさい。じゃあここが私の部屋だから、ここでちょっと待ってて」



にこ「あ、別にお茶とかはいらないわよ?」



海未「はい、お邪魔した上にそれは悪いですし」



絵里「いいのよ、それにすっごくおすすめのチョコレートがあるの」



にこ「悪いわね…また今度お礼にクッキーでも焼いてくるわ」



絵里「ハラショー!とっても楽しみだわ!」



海未「羨ましいです…」



にこ「まあついでだしアンタにも作ってくるわよ」



海未「本当ですか!?それなら私は今度おすすめの和菓子をもっていきますね!」



にこ「へぇ、それは楽しみね」



絵里「じゃあとってくるから少し待っててね」



にこ「わかったわ。ありがとね」



海未「ありがとうございます」



絵里「はいはい♪」



にこ「チョコ好きの絵里がおすすめするチョコレートなんて楽しみね」



海未「そうですね、にこのクッキーもとっても楽しみですが」



にこ「そんな楽しみにする程でもないと思うわよ?」



海未「にこが作ってくれたものならなんでも嬉しいんですよ、絵里も私も」ニコッ



にこ「そ、そう…//ありがと…///」



絵里「お待たせ、紅茶でよかったかしら?」



海未「私は全然構いませんよ」



にこ「私も大丈夫よ」



絵里「よかった♪それとこれがおすすめのチョコよ!」





にこ「…初めてみたわ」



海未「私もです、元々洋菓子には疎いのですけどこれは見たこともないですね」



絵里「ロシアのチョコなのよ、とっても好きだったから送って貰ったの!」



にこ「へぇ…!美味しそうね!」



海未「珍しいものを食べる時ってなんだかワクワクしますね!」



絵里「沢山送ってもらってあるから遠慮せずに食べていいわよ♪」



にこ「じゃあ早速…パクッ…美味しい!」



海未「私もいただきます!パクッ…これは…凄いですね…!」



絵里「美味しい?喜んで貰えたなら嬉しいわ♪この為ににこ達を呼んだのよ」



にこ「本当に美味しいわ、改めてありがとね、絵里」



海未「和菓子が一番と思っていましたけど洋菓子も美味しいですね!」

海未「絵里、ありがとうございます!」



絵里「ふふっ、いいのよ♪それより今から何やるかだけど…正直チョコを食べてもらう事以外全く考えてなかったわ…」



海未「この機会ですし、にこの色々な話をききたいです」



絵里「そうね、それはいい考えだと思うわ」



にこ「にこの話…?別に何にもする話がないんだけど」



海未「あるでしょう!例えばあの後輩が可愛いとか…」



絵里「あの同級生にキュンときちゃうとか?」



にこ「アンタ達自分の事めちゃくちゃプッシュしてくるわね…」



海未「…実を言うと、気になりますし、不安なんです」



絵里「にこに嫌われてるんじゃないかって思うと…」ジワッ



にこ「ア、アンタ達普段グイグイくるくせになにしょぼくれてんのよ…」



海未「グイグイいくからこそ、うざがられてないか心配なんです!」



海未「私達はにこの事大好きですけど、にこが同じように私達の事を好きでいてくれる訳ではないですし…」



絵里「私達今まで誰かにアピールしたりする事がなかったからどうやっていいかわからないのよ…」



絵里「慣れない好きの表現が、相手を嫌がらせてないか怖くて…」



にこ「……はぁ」



にこ「アンタ達ねぇ…にこのことを馬鹿にしすぎよ!」



にこ「私がアンタ達の事を嫌いになるわけないでしょ!」



海未絵里「「にこ…」」



にこ「まあ確かにアンタ達が急に私に色々言ってくるから戸惑いはしたけど、本当は嬉しかったっていうか…///」



海未「え?今なんていいました?」



にこ「だからっ!…好きって言われて嬉しかったのっ……////」



絵里「にこぉ…」ウルウル



海未「絵里、今まで私達頑張ってきてよかったですね…」ウルウル



絵里「うん…海未もありがとう。貴女がいてくれなかったらこんなに頑張れなかったかもしれないわ」



海未「それは私も一緒ですよ」



絵里「にこの事が好きなものどうし、これからも仲良くしましょう」



海未「はい!」

絵里「ところでにこ…」



海未「先程好きって言われて嬉しかったと言ってくれましたが…」



絵里「それは私達の告白に対して」



海未「承諾してくれるって事と解釈していいんでしょうか?」



にこ「え、えぇ?!そ、それは…////」



絵里「もうこの際改めて言うわ。にこ、私は貴女の事が好きよ、ずっと一緒にいたいの!」



海未「私は貴女の色々な所に惹かれ、お慕いしています。ずっと傍においてくれませんか…?」



にこ「…ぁ…ぅ…/////」



絵里「どっちか選ばなくてもいいわ」



海未「私は3人で幸せになれるならそれが一番いいと思います」



絵里「にこは私達の事…好きでいてくれる?」



海未「女の子同士で変かもしれません、でもこの気持ちに嘘をつきたくありません!」



にこ「わ、私…も…」



にこ「私も…こんなにもストレートに感情を伝えてきてくれる2人の事…好きよ」



にこ「いつでも素直になれないかもしれないし、どっちかを選ぶことなんて出来ないと思う。でも、それでも愛想を尽かさずにいてくれるなら…」



にこ「2人の事を好きでいさせて…?////」



絵里海未「「……」」ガバッ



にこ「うわぁ!な、なによ急に!抱きつかないで!」



絵里「嬉しい…嬉しいわ、にこ…」ポロポロ



海未「好きです、にこ…もう離しません…」ポロポロ



にこ「………」



にこ「もう、しょうがないわねー…」ギュッ



にこ「ほら、泣き止みなさい、私はアンタ達が笑ってる顔の方が好きだわ」



海未「無理です…嬉しくて、涙が止まらないんです」ポロポロ



絵里「にこのせいよ、こんなに幸せなんて…」ポロポロ



にこ「はぁ…だったら、笑顔になれるおまじないしてあげるわ」



海未「今はにっこにっこにーでは泣きやめそうには…」

にこ「…んっ」チュッ、チュッ



海未絵里「「…ぇ……」」ポカーン



にこ「よし、泣きやんだわね!////」



海未絵里「「………」」グイッ



にこ「うわぁ!ち、ちょっと!!」



海未「にこ…そんなことされたら、もう我慢できませんよ…?」



絵里「今までずっと耐えてきたけどもう限界だわ…」



にこ「えっ!?ちょっと!でこにキスしただけじゃない!」



海未絵里「「にこーーー!!!」」ガバッ



にこ「うぎゃぁぁあ!ダレカタスケテェェェエエ!!!」______________________________









______________________________











絵里海未「「……。」」





あれからというもの、今まで可愛いとか大好きとか言ってきた絵里と海未は、会っても照れてあまり色々と褒めてくれたり、話してくれないようになってしまった。

今までべったりついてきたふたりが急に離れてしまって少し寂しいっていうのは、内緒だけどね。

…でも、どうすればいいのか考えたらすぐにいいアイデアが思い浮かんだわ。

ふふっ、どうすればいいのか。なんて、最初から決まってるわね…











にこ「絵里、海未!今日も最高に可愛いわね!!」



__________おしまい__________