アイドルマスターミリオンライブの春日未来×最上静香(みらしず)のssです。



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1432734329



放課後(ゲッサンの同じ学校設定)



静香「壁……ドン?」



未来「うん。最近壁ドンって流行っているみたいなんだけど、よくわからなくて」



未来「静香ちゃんはなんでも知っていると思って聞いたんだけど……」



静香「なんでも知っているわけじゃないわよ」



静香「逆に未来は知らないことだらけじゃないの?」



静香「そう言えばテスト」



未来「わー! わー! テストはもう終わったからその話はなし!」



静香(誤魔化したわね……)



未来「壁ドン知っているなら教えてよー」



静香「壁ドンね……」



静香(私も壁ドンはよく聞くし、翼も憧れるみたいなこと言っていたわね)



静香(でも私もよく知らないのよね……)



静香(壁ドン……カベドン……かべどん……)



静香(…………)



静香「わかったわ。新しいうどんのことだわ」



未来「静香ちゃん、頭良くない私でも、それだけは絶対にないって言い切れるよ」

静香「まだ可能性あるじゃない! 」



未来「その可能性もないと思うな」



静香「桐生うどんのひもかわのように、平べったい麺が分厚くなって壁のようなうどんかもしれないじゃない」



未来「その前に桐生うどんってなに!?」



※群馬県桐生市を中心とした地域で食べられるやや太のうどん。ひもかわと呼ばれる幅広なうどんもある。



静香「桐生うどん知らないの!? 信じられないわ」



未来「そんな大げさな……」



静香「未来、それでもアイドルなの!?」



未来「アイドル関係ないよ!」



静香「いい、未来。桐生うどんはね……」



未来(あれ、なんかうどんの話になろうとしている……長くなりそう)

未来「それを言うんだったら、壁ドンっていう丼だってありそうだよ」



未来「ハッ、そうか! 壁ドンって丼のことだったんだ!」



静香「それはないわ」



未来「えーわかんないじゃん。ごはんの上に壁を乗っている丼かもしれないんだよ」



静香「誰が食べるのよ、そんな丼!」



未来「じゃあ、壁は海苔のことだよ、海苔。ごはんの上に乗った壁のような海苔が乗っていることを壁丼っていうんだよ」



静香「それは海苔弁ならぬ海苔丼だわ」



未来「あ、そっか。瑞希ちゃんが作った丼のことだったんだ」



静香「瑞希ちゃん?」



未来「真壁瑞希ちゃん」



静香「真壁瑞希さんが作った丼……」



未来「略して壁ドンだよ」ドヤァ



静香「その上手いよねっていう顔やめた方がいいわよ。瑞希さんと壁ドン関係ないから」



未来「つまり丼の中に瑞希ちゃんがいるってことは正しいの?」



静香「正しくないわよ!」

未来「それで、壁ドンってなーに?」



静香「話逸れたわね……壁ドンは……」



静香「う」



未来「うどんはなしで」



静香「まだ言っていないじゃない!」



未来「だって静香ちゃんと言ったらうどんなんだもん」



静香「そんなことないわよ」



未来「じゃあ、壁ドンの意味、うどん以外はないの?」



静香「そうね……」



静香「…………」



静香「壁にドンする意味だとしたら……壁を叩く行為かしら?」



未来「うん、わかった!」ドン



静香「ちょっ、未来!」



未来「えいえい、えい!」ドンドン



静香「そんなに壁を叩いちゃ駄目でしょ!」



未来「でも静香ちゃん、みんなこれが流行っているんでしょ?」ドンドン



未来「どう? これ流行っている感じする?」ドンドン



静香「それが流行っていたら、いろいろと騒音問題になりそうね……」

未来「静香ちゃんが言っていたことが当たっているか、スマフォで調べちゃおう」



静香「調べられるんだったら、私に聞かないで最初からそうしなさいよ」



未来「だって、教室に静香ちゃんがいたんだもん。一緒にカラオケ行く約束もしているんだし」



静香「私が帰る支度している間に調べればよかったじゃない」



未来「静香ちゃんだったら知っていると思って聞いたんだもん」



静香「私にだって知らないことはあるわ」



未来「桐生うどんのこと知っていたじゃん」



静香「桐生うどんを知らない未来がおかしいのよ」



未来「えー、そうかなー?」



未来「あ、壁ドンでた!」



未来「なになに……」



静香「壁に大きな衝撃、または衝撃音を発せされる行為のこと……」



未来「ということは、静香ちゃんが言っていた壁にドンするは当たってたんだ!」



静香「でも、さっき壁を叩いて周りの人たちが流行っていると感じられた?」



未来「ううん、全然」

未来「あ、でも違う意味もあるみたいだよ」



静香「えっと……壁を叩きたくなるほどの不満や怒りを感じた時に殴る行為のこと……」



静香「……壁を叩く行為は変わらないのね」



未来「あ、でも主に幸せそうなカップルを見かけた時に嫉妬して壁を叩く行為でもあるって書かれているよ」



静香「なんで嫉妬するから壁を叩くの? 八つ当たり?」



未来「静香ちゃん、最近嫉妬して壁を叩きたいと思ったことあった?」



静香「そんなことあるわけないでしょ……」



未来「えー、ほんとにー?」



静香「ほんとよ。それに誰かに嫉妬なんか……」



静香(あ、そういえば……最近の未来、誰にでも甘えるような気がするわね)



静香(恵美さんに頭を撫でてもったり、風花さんに膝枕してもらっていたり)



静香(美也さんと片を寄せ合って寝ていたり、翼と合う度に抱きつついたり……)



静香(……ちょっと誰に対しても甘えたがり過ぎじゃないの? 未来が子供っぽいところもあるかもしれないけど……)



未来「静香ちゃん、どうしたの? 壁ドンしてみたくなった」



静香「……そうね、一度やってみようかしら」



未来「おお! 静香ちゃんの壁ドン」



静香「未来のバカー!」ドンッ



未来「なんで私!?」



未来「ねー静香ちゃん、なにか怒らせるようなことした?」



静香「いいえ、未来はなにも悪くないわ」



静香(まさか男ならまだしも、未来に嫉妬するなんて……)



静香(それと案外スッキリした。なんとなく壁ドンする気持ちがわかってしまったわね……)



静香「でもやっぱり流行っている感じはしないわね」



未来「じゃあ、男性が女性を壁……まつり」



静香「際」



未来「壁際に追い詰める行為はどうかな?」



静香「どういう意味?」



未来「うーん、わかんない?」



静香「壁ドンって、画像検索してみて」



未来「うん、わかった」



壁ドン、検索



未来「静香ちゃん、これ漫画で見たことあるやつだよ!」



静香「なるほど、これは翼が好きそうね。少女マンガにも転載されているわ」



未来「特にこのイケメンの人がやっている壁ドン。見ているこっちがドキドキしちゃうよ」



静香「よく見て、未来」



静香「その画像に映っているイケメンの人、真さんよ」



未来「あ、よく見たら壁ドンされている人、雪歩さんだ」

未来「真さんがやっているような壁ドンがドキドキするから流行っているんだね」



静香「その言い方だと、真さんが流行らせたみたいね」



静香(でも、流行らせた本人って言われても納得してしまいそうね)



未来「そっかー、これが壁ドンかー」



静香(確かにされたらドキドキするかもしれないわね。真さんだったら恋に落ちるかもしれない)



静香(でも、壁ドンの流行る理由がわかったところや、ドキドキしそうなところで、私と未来が壁ドンを経験することはないだろうね)



静香「さて、解決したところで、カラオケでも行きましょうか」



未来「カラオケ?」



静香「未来が昨日、放課後カラオケ行こうって言ったじゃない。忘れたの?」



未来「そうだった、えへへ」



静香「まったく……ほら、行くわよ」



未来「…………」



静香「ちょっと未来、聞いているの?」



未来「ねぇねぇ、静香ちゃん」



静香「その声のトーン……なにかお願いする時ね」



未来「うん!」



静香「やっぱり……それで?」



未来「私も真さんみたいに壁ドンしてみたいなー」



静香(ないと思った矢先にこれだよ!)

静香「カラオケ行かないの?」



未来「行くよー。でも、壁ドンやりたいなー」



静香「それ別に私じゃなくてもいいでしょ」



未来「えー、静香ちゃんじゃなきゃやだよー」



静香「私よりも適任の人いるじゃない……」



未来「ねぇねぇ、静香ちゃん。壁ドンやろうよー」ギュッ



静香「ちょっと、抱きつかないでよ!」



未来「だって、こうしないと逃げちゃうんだもん」



静香(この子はほんとにもーっ!)



静香(抱きつくことに恥ずかしい気持ちとかないの!?)



未来「ねぇねぇ、壁ドンやろうよ。ねぇねぇ」



静香「……っ!」



静香「わ、わかった。わかったから離れてよ!」



未来「やったー!」



静香(ちゃんとしなきゃいけないって思っているのに……っ!)



静香(結局こういう流れになってしまったわね)



静香(壁ドン……画像で見る限り、みんなこういうことされるのに憧れるのかしら?)



静香(正直、相手を追いつめているようにしか見えないけど……)



静香(でも、真さんに壁ドンされている雪歩さんは心なしか満更に見えるわね)



静香(あと、翼が好きそうなのは理解できる)



静香(じゃあやっぱり流行っているだけあって、好きな人はたくさんいるのね)



静香(正直、私はそういうのに疎いし、されてみたいとは思わないけど)



静香(未来は壁ドンに憧れているみたいだから、私相手でもやってみたいと思ったのね)



静香(そういうのは好きな人にやらせるべきだと思うけど)



静香(それで未来が微笑んでくれたら、十分ね)



静香(フフッ……未来に一番甘いのは、私かもしれないわね)



未来「じゃあ行くよ、静香ちゃん」



静香「私……壁ドン上手くできるかわからないけど、頑張るわ」



未来「大丈夫だよ、静香ちゃん」



未来「私が静香ちゃんに壁ドンするから、逃げないように頑張ってね」



静香「そ、そ……え?」



未来「あれ、どうしたの?」



静香「……未来、壁ドン……私にされたいのではなく、私にしてみたいの?」



未来「そうだよー。静香ちゃんをドーンって壁ドンするの」



静香「…………いや、でも。普通はさ、壁ドンしてみたいというのは、されてみたいってことじゃないの?」



未来「そうなの?」



静香「だって、画像では壁ドンされている側は女子がほとんどよ」



静香「なのに、未来は男子側をするってことなのよ。普通は逆でしょ。壁ドンをされてみたいから流行っているんじゃないの?」



未来「動物も壁ドンしていたね」



未来「食いつくのはそこじゃないわよ……」



未来「でも、さっきも言った通り、私は静香ちゃんに壁ドンしてみたいからお願いしたんだよ」



静香「そこにこだわる理由はなんなの?」



未来「えへへ、静香ちゃんが好きだから」



静香「なんでそうなるのよ!」



静香(それにどうして好きって、恥ずかしがらずに簡単に言えるのよ!)



静香(あと、理由になってないわよ!)



静香(もう未来が満足するまで付き合ってやりましょう)



静香(とはいえ、どうすれば満足するのかはわからないけど、やってみればなんとかなるかもしれないわ)



静香(でも相手は未来だから、私がドキドキできそうはないわね)



未来「行くよ、静香ちゃん」



静香「変な事はしないでよね」



未来「変な事って?」



静香「変な事は、変な事よ」



未来「うん、わかった!」



静香(本当にわかったのかしら?)



未来「まず、静香ちゃんが逃げないよう、体を挟む感じで」



未来「両手でドーン!」ドン



未来「あいたっ!」



静香「ちょっとは加減しなさいよ!」



静香「それに壁じゃなく、危うく私を殴るところだったじゃない!」



未来「いやー、壁ドンっていうくらいだから強くなくちゃ」



静香「どこまで本気なのよ!」



未来「気を取り直して、えい」ドン



静香「きゃっ」



未来「フッ、フッ、フー。今夜は帰さんぞー」



静香「なによ、その台詞」



未来「なんかパッとその台詞が出て来た」



静香「かっこつかないわよ、それ」



静香(……未来があの調子だから、まだ大丈夫だけど……)



静香(予想外に、ドキッとしちゃったわね……顔が熱くなっているのがわかるわ)



静香(しかもこれ……逃げようと思えば逃げられるのに、逃げられない)



静香(まるで拘束されたように、体を封じられた気分)



静香(壁ドン……甘く見ていたわね。それに未来にドキドキするとは思いもしなかった)



静香(でも、大丈夫。まだ耐えられるわ)



未来「それで確か、次は顔を近づけるんだよね」



未来「よいしょっと」



静香(ちょっ!?)



未来「し、静香ちゃん!? 急に真っ赤になってどうしたの!?」



静香「近い近い近い近い!」



未来「四回も言った!?」



静香「い、いいいいから離れて! じゃないと、ば、爆発する!」



未来「それどういうこと!?」



静香(いつも未来の距離近いなとは思っていたけど……これは近すぎる!)



静香(だって、この距離……あと数センチで、未来と……キ)



静香「ボンッ!」



未来「静香ちゃん!? 真っ赤になってボンッてなに!? 本当に爆発しちゃうの!?」



静香「しないわよ!」



未来「じゃあ、さっき爆発する発言はなに!?」



静香「爆発するからよ!」



未来「爆発しないんじゃなかったの!?」



静香「わかんないわよ! というか、いいから離れて!」



静香(し、心臓の音がうるさい。未来に心臓がバクバク鳴る音聞こえてないよね? 大丈夫よね? 聞かれたとしたら心臓止まる!)



静香(それに未来の顔をまともに見られない! いや、未来と目線合ったら間違いなく爆発、もしくは蒸発して塵となっちゃう!)



静香(今の私はそうなってもおかしくない。だからお願い、変な事になる前に早く離れて!)



未来「し、静香ちゃん……この前のプリン勝手に食べちゃって、ごめんね」



静香「なんてこのタイミングで言うの!? バカなの!? 雰囲気ぶち壊しよ!」



未来「い、いやぁ……このタイミングでこれ言えば、落ちつくかなーって」



静香「余計わけわからなくなったわよ!」



静香「もうどうしたらいいのよ!」



未来「えっと……どうしたらいいの?」



静香「なんで聞き返すのよ!」



未来「だって、私もこの後どうしたらいいのかわからないんだもん」



静香「と、とりあえず離れて! 今すぐ」



未来「あ、ごめん。静香ちゃんさっきもそう言ってたね」



静香(た、助かった……)



静香(あのまま壁ドン続いていたら、恥ずかしさのあまり溶けてしまいそうだったわ)



静香(壁ドン……想像以上に危険だった。みんなあんな危険を承知で経験してみたいのね)



静香(私はもうこれ以上、壁ドンはいいわ。恥ずかしいし、熱いし、溶けそうだし、なによりも自分が危ない)



静香(今日はカラオケで発散しよう)



静香「さ、未来。カラオケ」



未来「静香ちゃん!」ドンッ



静香「!?」



未来「好きだよ」



静香「――――」



未来「壁ドンはこうやって、おでこを合わせて、好きだよって告白するといいみたいだよ」



未来「ちょっと面白そうだったけど、どうだった?」



静香「…………」



未来「静香ちゃん?」



静香「…………グスッ」



未来「静香ちゃん!?」



静香「ふぇ、みらいの……ばかぁ……」



未来「ご、ごめんね! 私がバカで悪かったから、泣かないで」



静香「そうよ、みらいはバカよ、バカバカバカ!」



未来「ごめん……」



未来(どうしよう……静香ちゃんが泣くとは思わなかったよ……)



未来(嫌われちゃった……よね。静香ちゃんを泣かしたの、私だもんね。私が調子に乗ったから、嫌われちゃう罰が当たっちゃたんだ……)



未来「うぐっ……しずかちゃん……」



静香「み、未来!?」



未来「わたしが、わたしが悪かったからっ、嫌いにならないで……っ!」



静香「嫌いにならないから、泣きやんで。私も、悪かったから」



静香「ごめんなさい、未来」



未来「どうして静香ちゃんが謝るの?」



静香「私がよくわかんないことで、泣いてしまい、未来を不安がらせたことよ」



未来「それは私が」



静香「そうよ、未来が急に壁ドンするから、わけがわからなくなったのよ」



未来「あう……」



静香「でも、それで泣く理由はないのよ。私も泣くとは思わなかったし、なんで泣いてしまったのか、その理由もわからない」



静香「私が泣いてしまったせいで、未来を不安にさせて泣かせてしまったわ。だから、ごめんなさいなの」



未来「静香ちゃん……」



静香「その……壁ドンする時は、一言かけてね」



未来「うん、わかった」



未来「静香ちゃんは……私のこと、嫌いじゃないんだね」



静香「と、当然よ」



未来「静香ちゃん……えへへ、ありがとう」



静香「さて、もうこの話は終わりにして、カラオケにでも行きましょう」



未来「あ、待って!」ドン



静香「…………」



未来「え、えっと……」



未来「…………ご、ごめんなさい」



静香「未来はそんなにも私に壁ドンするのが好きなのかしら?」



未来「違うの! 今のは静香ちゃんに確認したいことがあって、だから……」



静香「じゃあ、それを言いなさいよ」



未来「う、うん」



静香(未来が私を困らせてやっていないのはすぐにわかったわ。私を引き止めるために、思わず壁ドンしたのね、きっと)



静香(未来がなにを言うのかはわからないとして……最初よりかは、ほんの少し慣れたけど……やっぱキツイ)



静香(これ以上、未来の顔が近くなったら…………さっきみたいに泣かない努力だけはしよう)



未来「私ね、静香ちゃんに壁ドンしている時にね、すっごいドキドキしてたの」



静香「う、嘘よ……ドキドキしている顔見えなかったわ」



未来「それは静香ちゃんがほとんど目を閉じていたからでしょ。こっちは静香ちゃんに心臓の音が聞こえないか、ドキドキしてたんだよ」



静香「そんな風には見えなかったけど?」



未来「だーかーら。静香ちゃんはほとんど目を閉じていたから見えていなかったんでしょ」



静香「そ、それで何が言いたいの?」



未来「えっとね……誰かにドキドキしたのは、恋の始まりらしいんだって」



静香「そうなの?」



未来「そうみたい」



静香「つまり、未来は私にドキドキしていたから、私にこ……こ!?」



未来「う、うん……」



未来「静香ちゃんに…………恋しているかも」



静香「…………」



静香「…………なに言っているの?」



未来「だって、静香ちゃんにドキドキしているんだもん」



静香「だから私に恋をしているって言うの?」



未来「わかんない……そもそも、静香ちゃんに恋しているのもわかんない」



未来「静香ちゃんが男だったら、恋しているのかも」



静香「なんでそうなるのよ……私は女よ」



未来「だよね」



静香「未来、未来と同じ女である私に恋しているのことはね、普通はあり得ないことよ」



未来「うん。女の子同士の恋人って見ないもんね」



静香「そもそもドキドキしているからって、恋をしているっていうわけじゃないと思うわ」



未来「そうなのかな?」



静香「私も恋をしたことないからわからないけど……」



静香「わかることは、未来が私にドキドキしていて、恋をしているのは勘違いだと思うわ」



未来「そっか……静香ちゃんが言うなら、そうかもしれない」



未来「私、静香ちゃんみたいに頭良くないから、なにが正解だなんてわかんない」



未来「だからね……一つだけ、一つだけ確かめていいかな?」



静香「それで証明されるなら、いいわ」



未来「ありがとう静香ちゃん」



未来「その……静香ちゃんに恋をしているかそうじゃないかを確かめるために」



未来「キス……してもいい?」



静香「…………」



静香「…………え?」



静香「き、キス?」



未来「うん、キス……」



未来「あ、魚の方じゃないよ」



静香「わかっているわよ、そんなこと!」



静香「なんで私に恋しているのを証明させるのが……キスなのよ……」



未来「キスが一番わかるかなって」



静香「意味わからない……」



静香「恋しているかしてないかの判断はどこで決めるの?」



未来「良い感じなったら、かな? わかんないけど」



静香「なによ、それ、一番わかるんじゃなかったの?」



未来「えへへ、だよね……」



未来「自分で何言っているのかわかんないし、もっと他に良い方法があるのかもしれない」



未来「それこそ、静香ちゃんならもっとわかりやすい恋の証明を知っていると思うんだ」



静香「未来……」



未来「でもね」



未来「キスをして、それが本当に恋だったら、嬉しいんだ」



静香「嬉しい?」



未来「恋とか関係なしに、静香ちゃんのことが好きだから」



未来「それこそ普通は好きな男の子にするはずのキスを、女の子にするのは普通じゃないとしても」



未来「相手が静香ちゃんならいいんだ」





未来「ねぇ、静香ちゃん」



未来「私のわがままになっちゃうけど、もしキスして恋じゃなかったら嫌わないでほしい」



静香「キスする前提なのね」



未来「もちろん断っていいんだよ。というか、手遅れになる前に断ってほしい、かな」



未来「キスって恋を証明させるものじゃなく、好きな人にキスをするためだから」



静香「……恋だと判明したら」



未来「その時は私と恋人同士になってくれるかな?」



未来「例えそれが間違っていたとしても、静香ちゃんをずっと好きでいたい」



静香「…………」



静香(普通はあり得ない話よね)



静香(普通だったら未来とキスすることなんてできない。ここは断るべきだ)



静香(そうしないと、私も未来も後悔する。普通に間違っているから)



静香(未来が言ったように、手遅れるなるまえに断るべきだわ)



静香(でも…………それができない。理解できないものが、断るという一言が言えない)



静香(未来に壁ドンされて、ドキドキしているせいなのかな。それとも雰囲気のせいなのかな?)



静香(いえ、どれも違うわね。本当はわかっているんだわ。それをただ認めたくないから、反抗しているだけだわ)



静香(まさか壁ドンからこんなことになるなんて、思いもしなかったわ)



静香(壁ドンが新しいうどんだったら、こうなることにはならなかったわね)



静香(やっぱり壁ドンは危険だったわね)



静香「未来。私は逃げられないから…………好きにしていいわよ」



未来「静香ちゃん……いいの?」



静香「いいもなにも、私は抵抗できないから」



静香(壁ドンって、こうやって逃げられないようにすることもできるのね。やられたわ)



静香「未来が私を捕えているから、なにもできないのよ」



静香「だから……好きにして」



未来「静香ちゃん……」



未来「わかった」



静香(未来が私に言ったように、私も未来のこと……好きだから)



静香(だから受け入れることができる。私にとって未来は、それくらい特別)



静香(キスも恋人同士にもなれる気がする)



静香(それを今、未来が証明してくれるんだわ)



ドンッ



静香「未来?」



未来「わ、私じゃないよ?」



静香「じゃあ、さっきの音……」



みらしず「「!?」」



生徒AB「「…………」



みらしず「「…………」」



生徒AB「あ、ど、どうもー……」



みらしず「「…………」」



みらしず「「…………え?」」



静香(そ、そうよ! ここ教室だわ!)



静香(他の生徒がまだいるのに、私ったら……もう……)



未来「し、静香ちゃん!?」



生徒A「最上さん!?」



生徒B「静香ちゃん!?」



静香「もう……おしまいだわ……」



未来「静香ちゃん、丸くならないで。だ、大丈夫、まだしてないからセーフだよ」



静香「見られた時点でアウトよ……」



生徒A「や、やっぱり……あの時、帰ればよかったんだ……」



生徒B「そ、そうだね……」



未来「え、えっと…………どこから、聞いてたの?」



生徒A「え、えええええっと……その…………」



生徒A「な、なにも聞いてなかったことにします!」



生徒B「け、けして、壁ドンがうどんというくだりから見たわけじゃないですよ!」



生徒B「なんなら、未来ちゃんが静香ちゃんに壁ドンしてキスしようとするところなんて見ていないですよ!」



未来「そっか。見ていないなら良かった〜」



静香「よくないわよ、最初から最後まで見られたのよ……」



未来「……えっとね」



生徒B「あ、あの……私、未来ちゃんのファンなんです!」



未来「え、ええええええぇぇぇっ!?」



生徒B「そして、この子が静香ちゃんのファンなんですよねー」



生徒A「は、はい。私、最上さんのファンで……」



未来「そうだったんだ……」



生徒B「だからですね。たまたま二人がいるところを目撃してしまい、ついテンションが上がって、覗き見てしまったんですよね、はい」



生徒B「それと、この子は私が無理矢理突き合わせたんで、この子は悪くありません」



生徒A「そ、そんなこと……っ」



生徒B「ほ、本当は壁ドンする前に去るつもりだったんです。これ以上、覗くのはよくないと思ったから去るつもりだったんです」



生徒B「ですが、すみません」



生徒B「……最後まで……見てしまいましたっ!」



生徒B「お幸せに!」



未来「お、お幸せ?」



静香「ど、どういう意味なの、それ?



未来「静香ちゃん復活したー、よかったよー」



静香「未来、今はそこ喜ぶところじゃないわ」



生徒B「こんなこと言うのもあれなんですが、私は未来ちゃんと静香ちゃんは付き合っても良いと思います」



静香「なに言っているの!?」



生徒B「ぶっちゃけますと、いいぞ、もっとやれと思いました!」



静香「いや、そこは止めなさいよ!」



生徒B「女の子同士のキスって、見ているこっちもドキドキしました。でもやっぱり、それは静香ちゃんと未来ちゃんだからドキドキしたんです」



未来「ドキドキしているってことは、貴女も……」



静香「違う。絶対に違うわ」



生徒A「あの、最上さんと春日さん……お似合いだと思います」



未来「えへへ、ありがとう」



静香「照れてどうすんのよ!」



生徒B「私、応援しています」



生徒A「わ、私も……」



未来「ファンとして?」



生徒B「恋もです」



静香「恋は応援しなくてもいいから!」



生徒A「こ、このことは誰にも言いませんので……」



静香「ほ、ほんと誰にも言わないでね」



生徒A「はい、これからも応援しますので、頑張ってください」



静香「ファンとしてね? 恋は応援しなくてもいいから」



生徒B「で、では私達はお邪魔者なんで、この辺で失礼します!」



静香「ちょ、ちょっと……」



生徒B「お幸せに!」



生徒B「ほら、行くよ」



生徒A「うん」



みらしず「「…………」」



静香「最悪だわ…………」



未来「静香ちゃん、元気出して。誰にも言わないって言ってくれたんだし」



静香「未来はなんで落ち込んでいないのよ……見られても平気なの?」



未来「…………えっとね」



未来「冷静になったら…………負けかなって」



静香「……とりあえず、未来も平気じゃないってことはわかったわ」



未来「うん…………本当は逃げたがったし、恥ずかしかった」



静香「そうよね……」



みらしず「「…………」」



未来「……なんだか」



静香「疲れちゃったわね」



みらしず「「…………」」



未来「……ねぇ、静香ちゃん」



未来「なんで……あんな流れになったんだろう」



静香「冷静になって振り返らないほうがいいわ」



未来「そうだね……」



みらしず「「…………」」



静香「……カラオケでも行きましょう」



未来「うん、今日はいっぱい歌っちゃおう」



静香「それがいいと思うわ」



みらしず「「…………」」



みらしず((どうしよう、すごく気まずい……))



静香「……ねぇ、未来」



未来「なに?」



静香「私のこと……好きって言ってくれたよね」



未来「うん」



静香「それは……今になっても言える?」



未来「言えるよ。静香ちゃんのことが好き」



静香「それはその…………恋とか関係なしに?」



未来「うん。大好きだよ」



静香「そっか…………そうよね」



静香(やっぱり……雰囲気とか、その時の感情に呑まれることとか、関係ないんだわ)



静香「……私も」



静香「私も……未来のこと、好きだから」



静香「だから、その…………これからも、よろしくね」



未来「静香ちゃん…………うん」



静香「さぁ、今度こそカラオケ行きましょう!」



未来「うん!」



おわり