〜とある日の帰り道〜





希「はあ……今日も疲れたなぁ」



穂乃果「本当だねぇ……」



希「たくさん運動したから、おなかもぺこぺこやし……」



穂乃果「うんうん、私もうお腹減りすぎて……」グウゥ



希「そうやなぁ…………ん、なにかいい匂いするね」スンスン



穂乃果「ん……お出汁のにおい?」



希「あ、そういえば近くにおうどんさんのお店ができたらしいけど、行ってみる?」



穂乃果「いくいく!」



希「それじゃあご飯を食べに行こう!」



穂乃果「おーっ!」









※ラブライブ!板で書いたものです









SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1423392683



〜讃岐うどんのお店〜





穂乃果「讃岐うどんかぁ……どんなうどんなんだろ」



希「讃岐うどんは、うどんで有名な香川県のうどんのことなんよ」



希「スーパーで買って食べるよりもコシが強いのが特徴で、とっても美味しいん」



穂乃果「へえ〜!」



希「ふっふっふ〜! 今日、ウチは穂乃果ちゃんをおうどんさんのファンにしてあげる!」



穂乃果「はいっ! 楽しみにしてますっ!」



希「それではまず、席に着く前にメニューを決めよっか」



穂乃果「え? ふつう、席に座って注文危機に来てくれるんじゃないの?」



希「そういうお店もあるけど、讃岐うどんのお店では基本的にセルフ式なんよ」



穂乃果「へぇ〜!」



希「最初にメニューを決めて、カウンターで注文」



希「そしたら店員さんがうどんを作って渡してくれるので、お盆とお皿を取って待つ」



穂乃果「お皿って?」



希「それはこの後説明するよ!」



穂乃果「うんっ」



希「店員さんから完成したうどんを受け取ってお盆にのせて、天ぷらとおむすびのコーナーに移動」



希「そこで自分の食べたい天ぷらとおむすびを選んでお皿に載せるん」



穂乃果「なるほど、そのためのお皿なんだね!」



希「そういうこと♪」



希「それが終わったらレジでお会計。一緒にお箸とコップを受け取るのを忘れちゃダメよ」



穂乃果「はーい!」



希「それじゃあメニュー選ぼ!」



穂乃果「うん!」





穂乃果「釜揚げうどん、かけうどん、釜玉うどん、ざるうどん……おろしうどんにぶっかけうどんに……」



穂乃果「たくさんありすぎて迷っちゃうよぉ……」



希「そうやなぁ……どれも美味しいから、何度も来たらいいと思うよ?」



穂乃果「その時は一緒に来てね!」



希「もちろんやん♪」



穂乃果「それで希ちゃん、釜揚げうどんってなあに?」



希「釜揚げうどんは、茹でたてのうどんをそのまま桶に入れたうどんのこと」



希「御釜で茹でたうどんを、桶で掬いあげるから、釜揚げうどんって呼ぶん」



穂乃果「なるほどー! 桶の中のお湯が濁ってるのは、うどんの茹で湯そのものだからなんだね?」



希「その通り!」



希「水で締めてないからコシはあんまりないけど、茹でたて独特のもちもちした食感がとっても美味しいうどんなん!」



希「専用のツユにつけてちゅるちゅる〜って食べたらもう堪らへんよ!」



穂乃果「おぉ〜!」





穂乃果「それじゃあ釜玉うどんは? 釜揚げうどんは桶に入ってたけど、釜玉うどんはお椀だね。しかも黄色いし」



希「あれは卵なん」



穂乃果「卵?」



希「そう! 釜玉うどんは、釜揚げしたばかりのうどんに、卵を絡めてだし醤油をかけて食べるうどん」



希「その釜揚げしたばかりのうどんは熱々だから、絡まった卵が半熟のとろとろなんよ♪」



穂乃果「おぉ……な、なんだかとっても美味しそうなうどんだね……!」



希「ふふん。おいしいに決まってるやん!」



穂乃果「あーん迷うよ〜!」



穂乃果「あ、それとそれと」



希「?」



穂乃果「かけうどんと、ぶっかけうどんは何が違うの?」



希「うんと……かけうどんは分かるやんな?」



穂乃果「うん! 普通のうどんだよね、ど定番の」



希「そのとおり」



希「ぶっかけうどんはね、お店によるんやけど……このお店はざるうどんや釜揚げうどんで使うツユをうどんにかけて食べるんよ」



穂乃果「ええっ!? そ、それって濃くないかな……?」



希「もちろん濃いから、ツユは少なめで、釜揚げうどんのよりちょっぴり薄くされてるん」



希「ぶっかけうどんは水で締めたコシの強いおうどんさんやから、讃岐うどん特有のコシを楽しめるよ♪」



穂乃果「ま、ますます迷う……」







希「ほらほら、早く選ばないと食べる時間なくなっちゃうよ?」



穂乃果「あ……そ、そうだった! じゃあ今日はせっかくだから釜揚げうどん!」



希「よし、それならウチはかけうどんにしようかな」



穂乃果「あれ、普通だね?」



希「天ぷらとおむすびも食べるからね、シンプルに攻めようかなと」



穂乃果「なるほど、天ぷらがあるのか……」



希「ふふ、早く食べたいんちゃう?」



穂乃果「……お腹がグルグル言ってます」



希「ふふん。さあ注文しよっか!」



穂乃果「はーい♪」





穂乃果「釜揚げうどんの並をくださいなっ」



店員さん「釜揚げ並!」



店員さん2「はいっ」バッ



穂乃果「おぉ……御釜に放り込んだ」



穂乃果「……あ、あれが桶だね。それに茹で湯を注いで……」



穂乃果「そこに茹で上がったうどんをいれて完成!」



店員さん「おつゆにつけてお召し上がり下さいね」



穂乃果「はーい♪」





店員さん「お次のお客さまー」



希「かけうどんの並ひとつ」



店員さん「かけ並!」



店員さん2「はい!」





穂乃果「さてさて、天ぷら天ぷら……むむ、なにこれ?」



希「どうしたん?」



穂乃果「あ、希ちゃん。あのね、見たことない天ぷらがあるの」



希「どれ?」



穂乃果「ほらこれ……かしわ天」



希「ああ、かしわ天か」



穂乃果「なにこれ?」



希「これはね、とり天って呼んだほうが分かりやすいんやない?」



穂乃果「えっ……これ、鶏肉の天ぷらなの?」



希「そうなん。とり天は大分県でよく食べられてるんやけど、香川県ではかしわ天って呼んでうどんのトッピングによく使われるん」



穂乃果「なるほど……フライドチキンの讃岐バージョンだね!」



希「なかなかいい例えやね!」



穂乃果「えっへん! それじゃあかしわ天にしよっと」



希「ウチはかき揚げときす天!」



穂乃果「色んなのがあるね。海老やイカはもちろんだけど、ゆで卵もあるなんて」



希「面白いやろ?」



穂乃果「うんっ!」



希「かけうどんとコロッケも最高なんよ」



穂乃果「ほお……おうちで出来そう」



・・・



穂乃果「お会計済ませたよー」



希「ウチもー」



穂乃果「さてさて、薬味をいただきましょうかね」



希「このお店は薬味を好きなだけ入れてもいいんよ」



穂乃果「おお、じゃあたくさん入れちゃおう!」



希「さて穂乃果ちゃん」



穂乃果「なあに?」



希「ウチがかけうどんにした理由はここにあるんよ」



穂乃果「そ、それはいったい……」



希「それはね、この天かす!」



穂乃果「天かす……?」



希「うどんに天かすを山ほどのせて……」ザラザラ



穂乃果「や、やまほど……!」



希「そこにたくさんお出汁をかける!」ジャバー



穂乃果「おおぉぉ……!!」



希「ふふん。これこそかけうどんの真の楽しみ!」



穂乃果「……貧乏くさい」



希「!!?」









♡穂乃果セレクション

釜揚げうどん 280円

かしわ天 120円

いなり寿司×2 180円

天かすとネギ プライスレス





★希セレクション

かけうどん 280円

野菜かき揚げ 130円

きす天 110円

いなり寿司 90円

天かすとネギ大盛り プライスレス









・・・



穂乃果「せーのっ!」



『いただきまーす!』





穂乃果「ちゅるるっ……んー!! うまいっ!」モグモグ



穂乃果「もちもちのうどんと、茹で湯の小麦粉の香りが食欲をそそるね!」



希「ずず……ちゅるん。うんうん、やっぱりコシがしっかりしてて食べ応えあるし!」モグモグ



希「ふやふやになった天かすのお出汁も美味しいし❤」



穂乃果「かしわ天も……はむっ」サクッ



穂乃果「んふふ、サクサクジューシー❤」



希「かき揚げをこうやってお出汁に浸して……ぱくっ!」サクサク



希「もむもむ……んふ、最高〜❤」



穂乃果「いいなあ……私もちょっと欲しい!」



希「ひとくちだけよ? あーん」



穂乃果「あーむっ……んふふ、おいしぃ……❤」



希「ふふん♪」





穂乃果「そしてお待ちかねのいなり寿司!」



希「一口大の可愛いおいなりさん♪」



ほののぞ『いただきますっ』パクッ



穂乃果「んん〜〜❤ お揚げが甘くて……」



希「染み込んだ甘いお汁が、噛むたびにじゅわっと口いっぱいに広がって……」



ほののぞ『おいしい〜❤』



希「はあ……ウチもふたつ買えばよかったかも」



穂乃果「それじゃあ半分こする? かき揚げのお礼♪」



希「ほなお言葉に甘えちゃおうかなぁ♪」



穂乃果「あ、きす天ほしい」



希「もう、欲張りさん!」



穂乃果「えへへ〜」



希「それじゃあお出汁にたっぷり浸して……あーん」



穂乃果「あーむっ❤」



穂乃果「んふ……おいしい……」



希「それじゃあウチも……はむ」



希「うん、おいしいっ! きすのふわふわした身が堪んないやんっ!」



穂乃果「それじゃ、それぞれ味わったことだし……」



希「ラストスパートかけよっか!」



チュルチュル



ズズッ



ア、カケウドンタベタイ



ウチモカマアゲホシイナ



ジャアコウカンネ



ヨシ!











穂乃果「はあ……満足!」



希「ふう……おなかいっぱい……♪」





『ごちそうさまでした!』



穂乃果「こんなおいしいうどん初めて食べたかも!」



希「ふふん。讃岐うどんはうどんの頂点やからね!」



穂乃果「えへへ、私このお店気に入っちゃった♪」



希「また来よっか」



穂乃果「うん! 今度はなに食べようかな〜!」



希「ふふ、たくさんあるからいろんなおうどんさんが楽しめるしね〜」



穂乃果「えへへ……次は釜玉うどんかな!」



希「ひとつづ潰してくんやね?」



穂乃果「うん……///」



希「うふふ、またいつか、帰りにごはん食べに行こっか」



穂乃果「ほんと?! いきたいいきたい!」



希「でも、太ったらあかんよ? それだけは約束ね」



穂乃果「了解です!」



希「それならよろしい。さ、帰ろっか」



穂乃果「はーいっ!」









おしまい