上条「さぁ、お汁粉が出来たぞインデックス」



インデックス「ねぇとうまとうまー、お年玉ちょうだい」



上条「...ほらほら、白玉も入ってるぞー。早く食えよインデックス」



インデックス「ねぇ、お年玉....」



上条「食わねぇのか?だったら食べちまうぞー」



インデックス「とうま!お年玉ちょうだい!!」



上条「......」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1388512503



上条「...どこでそんなはしたない言葉覚えたんだ?女の子がそんなふしだらな言葉言っちゃいけません」



インデックス「だってみんな言ってるんだよ。日本では正月にお年玉が貰えるんだって」



インデックス「ねぇとうま、お年玉って何?私も欲しいんだよ!」



上条「......本当に、欲しいのか?」



インデックス「うん、よく分かんないけど貰えるんなら」



上条「後悔しないんだな......?」



インデックス「えっ?」



上条「どんな事があってもお年玉を手にする、その覚悟がお前にあるんだな......?」



インデックス「とうま、そんな大袈裟...」



上条「......ぐっ...うっ...げほぅ...!」



インデックス「!!?」

上条「うっ...げふっ...」ガクガク



インデックス「と...とうま!どうしたの!?しっかりするんだよ!」



上条「がっ...がはっ...!?」ビチャビチャ



インデックス「く...口から血が出てるんだよ!」



上条「うぐぐ...ごほァァァァァァッッ」ブシャァァァ



インデックス「と、とうまァァァァァァッッ!!」

上条「ううっ...」ボトッ、ボトッ



インデックス「とうまの口から丸いのが二つ出て来たんだよ......」



上条「...う、受けとれインデックス...これが俺のお年玉だ...」



インデックス「と、とうま...何なのこれ...お年玉って一体なんなのとうま!」



上条「ううっ...」バタッ



インデックス「ひょっとして、私はとうまの大事な何かを、大事な何かの玉を......」



上条「い、良いんだインデックス......いつかこんな日が来る事はわかっていたんだ.... 」



上条「俺はずっと怖かったんだ......いつかお前がお年玉言うんじゃないかって...いつかこの生活が壊れてしまうんじゃないかって......」

インデックス「ご、ごめんねとうま!私知らなかったんだよ....お年玉がこんなに大変な物だったなんて...」



インデックス「もういらない...こんなお餅大の謎の玉なんてもういらないんだよ...だからとうま...」



上条「インデックス......これが人からお年玉を奪うと言う行為だ...だけど決めたんだろ?どんな事があってもお年玉を手に入れるって......   だったら、その幻想は殺しちゃ駄目だ......」 



インデックス「で、でもっ!」



上条「インデックス......その玉を七つ集めるんだ.....学園都市中の知り合い達にちりばめられたその玉を...七つ集めればちびっこ達のどんな  幻想も叶う伝説の宝玉....」



上条「幻想玉(イマジンボール)を!!」



インデックス「幻想...玉...?」



上条「俺の...分ま...で......」ガクッ



インデックス「と、とうま...?とうまァァァァッッ!!」



インデックス「......で、他に何か言い残しておくことある?」



上条「はい!嘘ついてスイマセンしたァァァァッッ!!」ドゲザ



インデックス「許す訳ないじゃん」ニコッ



上条「ですよねー」



インデックス「とりあえず噛みつくけどいい?」キラン



上条「......駄目です」



インデックス「それじゃ遠慮なくなんだよ」ガブガブ



上条「やっぱり不幸だァァァァァァッッ!!」

インデックス「大体、何でこんな事したの?」ガリガリ



上条「そりゃあ、お年玉を渡すってのがどんなに大変な事なのかをお前に知って貰いたくてだな...... 」



インデックス「だからって口から白玉吐き出すのは人としてどうかと思うよ。午年だけにトラウマになるかも」



上条「つーか、本当に今金ないからさ......」



インデックス「それはとうまが『来年こそは福を呼び寄せるんだ!』ってしめ縄やら門松やらをいっぱい買うからだと思うよ」



インデックス「しかもとうまが右手で触れた瞬間みんな弾け飛んじゃったし......」



上条「言わないでくれ、涙が出てくる...」グス

上条「とりあえず外歩いてりゃ知り合いに貰えるかも知れないぞ?」



インデックス「そうだね、ちょっと行ってくる」ドタドタ、ガチャン



上条「気をつけて行けよー」





上条「 ......行ったか」



上条「しかし、どうにかしてインデックスにお年玉渡したいな」



上条「誰かに相談するかな...」



ぴんぽーん



上条「ん?誰か来たな」

ぴんぽーん、ぴんぽーん





上条「はいはーい、今行きまーす!」





ぴんぽーんぴんぽーんぴんぽーんぴんぽーん...





上条「だから行くって......」





ぴぽんぴぽんぴぽんぴぽんぴぽんぴぽん......





上条「だァァァァァァッッ!!うるせェェェッッ!!ウルトラマンの胸の点滅の勢いでチャイム鳴らすな!」ガチャ



ステイル「やあ」ニコッ



上条「お帰り下さい」ガチャン

ぴぽんぴぽんぴぽんぴぽんぴぽんぴぽんぴぽんぴぽんぴぽん......





上条「だからうるせーよ!何の用ですかコノヤロー」



ステイル「とりあえず扉を開けてくれ!」



上条「まず、何をしに来たか言え。話しはそれからだ」



ステイル「僕は正月の挨拶に来ただけさ」



上条「...... 本当に、それだけか?」



ステイル「...まあ強いて言うならね、この国では正月にお年玉という物が貰えるらしいじゃないか。だから僕もそれが欲しいと......」ソワソワ



上条「帰ってくれ 」



ステイル「待ってくれ!責めてお年玉がどんな物なのかを教えてくれないか!神裂に聞いても教えてくれないし......」



上条「......本当に、後悔しないんだな?」



ステイル「!!?」

上条「しょうがねぇな、出してやるよお年玉」



ステイル「良いのか!?」パァァ



上条「だがな、お年玉ってタダじゃ



無いんだぜ?」



ステイル「本当かい?」



上条「ああ、なんたってこっちは命を削るんだからな。ほら、5千円よこせ」



ステイル「くっ、5千円なんて金持って.....あっ、さっき神裂がくれた小封筒に丁度あったよ!」



上条「確かに......そんじゃ行くぞ!」





三分後......





ステイル「し、知らなかった......お年玉がこんなにも大変な物だったなんて......」



上条「くっ、うぐっ......満足か?ステイル......」 ガクガク



ステイル「済まない......僕の為に......」



上条「い、良いんだ......その玉はな、大切な人に贈る信頼の証......」ゲホゲホ



ステイル「信頼の......」



上条「お前も......大切な人に自分のお年玉を渡すと良い......」



ステイル「ど、どうすればいいんだい?」



上条「簡単だ......相手の事を思いながら、胸からこみ上げて来るものを吐き出すと良い......が、頑張れよ......」ガクン



ステイル「か、上条当麻!君の事は忘れない!それじゃ、行ってくるよ!」バタン



上条「......」



上条「......行ったか」



上条「よーし、これでとりあえずインデックスのお年玉は確保出来たな......」



上条「ステイルには悪いけど、これもインデックスの為だ。多少の犠牲は仕方ない」



上条「そろそろ帰って来る頃かな...... 」 









インデックス「ただいまなんだよ!」ガチャ



上条「おー、お帰りインデックス。変な人について行かなかったか?」



インデックス「うん!さっき変な赤髪が目の前で嘔吐して来たから通報して来たんだよ!」



上条「偉いぞーインデックス。ん?後ろに誰かいるのか?」



インデックス「うん、そこで会ったんだよ」



一方通行「よォ三下ァ」

上条「一方通行じゃねーか。どうしたんだ?」



インデックス「あくせられーたがお年玉くれたからお礼にお汁粉でもどうかなって」



上条「おーそうか、悪いな一方通行」



一方通行「別に気にすんな......つーかよォ、あんまりガキに誰彼構わずお年玉ねだらせるの止めろ」



インデックス「それはとうまがお年玉くれないのが悪いかも」



上条「あーそれがなインデックス、ここに俺からのお年玉があるんだが......」



インデックス「本当!?ありがととうま!!」



上条「はっはっは、どういたしまして」



インデックス「じゃあまずはあくせられーたのから開けていい?」



一方通行「あァ、構わねぇよ」



インデックス「じゃあ開けるよ」ワクワク





インデックス「わぁ、凄いよとうま!みてみて!」



上条「ん?どれどれ...... 」 



諭吉達「「「「「どうも」」」」」



上条「」



インデックス「こんな大金見たこと無いんだよ!パッと見30枚くらいあるかも!」



一方通行「気にすんな、この位ェ大した額じゃねェしよ」



インデックス「本当にありがとうなんだよ!じゃあ、とうまのも開けていい?」



上条「......ちょっと待ってくれないか。俺は少し一方通行と話がある」



インデックス「わかった。その間私は諭吉達(ユキチーズ)と戯れてるよ。行こ?」



ユキチ01号「分かりました、とユキチは了承します」



ユキチ05号「同じくユキチ05号も同意します」



ユキチ31号「ユキチもそれで良いよ、ってユキチはユキチはくるくるくるー♪」



上条「おう、悪いな」

上条「......で、何なんだあの諭吉達(ユキチーズ)は?」



一方通行「別に大した金額じゃねェだろォがよ」



上条「お前はな!level5の奨学金がいくらか知らねーけど上条さんにとっては大金なんですよ!見てみろ」



「ユキチは「ユキ「ユキチ」はユキチ」「ユキチ(ry......



上条「何なんですかあれ?ユキチネットワーク?」



一方通行「愉快じゃねェか」



上条「愉快じゃねーよ!どうすんだよ!?お前のせいで俺の樋口さんが......」 



樋口一葉「ふぇぇ......」 



上条「すっかり落ち込んでんだろうが!」



一方通行「まァまァ、落ち着け三下。要するにお前の樋口さンが俺の諭吉さンに目劣りしなけりゃいいンだろ?」



上条「まあ、簡潔に言えばな......」



一方通行「だったら話しは簡単じゃねェか。諭吉を上回る圧倒的な数で攻めればいいンだろ?」スッ



上条「こ...これは!?」



一葉×60「「「「「ふぇぇ......」 」」」」



一方通行「受け取れ。俺からお前へのお年玉だ......」フッ



上条「あ、一方通行...でもこれ以上お前がインデックスに......」



一方通行「勘違いすンな、俺はお前にお年玉を渡したンだ。それをどうするかなンて知ったこっちゃねェ」



上条「済まない、一方通行。この恩は一生忘れねぇ......」



一方通行「フン、お汁粉の礼だ......」

上条「じゃあ、早速インデックスに渡すとするよ」



一方通行「好きにしろ」



上条「悪いな......おーい!インデックスー!」



インデックス「何ー?話し終わったの?ベランダに雪がいい具合に積もってたから皆でこれ作ったんだよ!」エッヘン



ユキチ25号「再現率95%と、ユキチは推測します」



一方通行「ネオアームストロングサイクロンジェットアームストロング砲じゃねェか、完成度高ェーなオイ」



上条「待たせたな、行けっ!これが俺のお年玉だァァァァァァッッ!!」



樋口×61「「「「「ふぇぇぇぇぇぇぇっっ!!」」」」」

インデックス「す、凄いんだよとうま!!」パァァ



上条「はっはっは、そうだろう?大事に使えよ」



一方通行「ンじゃ、そろそろ退散しますかァ。ま、遅くなったが今年もよろしくな」



上条「ああ、今年もよろしく。ありがとうな一方通行!」



インデックス「よろしくなんだよ!大事に使うからね!」



一方通行「フン、あばよ......」





こうして、一方通行はカッコよく去って行った......





インデックス「ねぇ、とうまとうまー。今年これだけくれたって事は来年も期待しててもいいんだよね?」



上条「えっ?何の事だいインデックス?」



インデックス「い・い・ん・だ・よ・ね?」ニコッ



上条「は...はは......不幸だァァァァァァッッ!!」









その頃





ステイル「くっ、はあはあ......何で出ないんだ僕のお年玉......」フラフラ



ステイル「まさかまだあの子を思う気持ちが足りないというのか......?」



ステイル「くそっ!もう一度だ.....うぐぐ...おぼろしゃァァァァッッ!!」 ビチャビチャ



黄泉川「おい!お前!いい加減にするじゃん!!」



ステイル「離せ!僕はあの子にお年玉を....僕のお年玉をォォォォッッ......」







おわり